帰ってきた「しっぽのさきっちょ」

Go 言語に関するブックマーク — プログラミング言語 Go

本業が忙しくて Go 言語をかまってあげる暇がないのだが,ブックマークばっかり溜まっていくので,定期的に吐き出しておく。なお,この記事は以下の2箇所にマルチポストでメンテしている。内容はほぼ同じなのでお好きな方でどうぞ。

公式サイト

Go 1.5 Released.

Go 1.6 is released

Go 1.7 is released

言語仕様に関すること

文字列操作または変換

本家ブログでも以下の記事で解説している。

配列

slice, map, および後述の channel は組み込みの型だが内部構造と状態を持つため, new ではなく make を使う。

並行処理と並列処理

Go 言語で複数 CPU を使った並列処理を行うには明示的な設定が必要。

Struct タグについて

本家ブログ記事「Struct タグについて」でも解説している。

エラーハンドリング

本家ブログでも以下の記事で解説している。

context パッケージ

バージョン 1,7 から標準パッケージに入った context パッケージについて。

開発ツールおよびパッケージ

デバッガ

Go 言語のテスト・フレームワーク

本家ブログ記事「Go 言語のテスト・フレームワーク」でも解説している。

Go 言語のドキュメント・フレームワーク

本家ブログ記事「Go 言語のドキュメント・フレームワーク」でも解説している。

Refactoring

クロス環境

本家ブログ記事「Travis CI でクロス・コンパイル」でも解説している。

C 言語との連携

Logging

ビルド時に情報を各種埋め込みたい

Integrated Development Environment

ATOM で Go

本家ブログ記事「ATOM で Go」でも解説している。

Visual Studio Code で Go

Emacs で Go

Vim で Go

Build Tool for Golang

constabulary/gb を使ってプロジェクトベースの環境構築

FiloSottile/gvt というのがあるらしい。

Masterminds/glide と Go 1.5 の Vendoring 機能を組み合わせてパッケージ管理できる。

direnv で開発環境を切り替える

direnv - unclutter your .profile

Continuous Integration

パッケージやサンプルコード

コマンドライン・ツール

入出力処理

ソートアルゴリズムいろいろ

Web Microframework for Golang

組み込み開発

Go 言語で学ぶ『暗号技術入門』

Soshi Katsuta さんによるテキスト。 丁寧な内容でとても参考になる。

その他 四方山話

最近ではGo言語の採用例が増えてきており、例えばDropboxは性能が重要な部分ではPythonに代わりGoで記述することを昨年11月に表明しており、オープンソースのPaaS基盤であるCloud Foundryも主要部分での開発でGo言語の採用を進めていると言われています。

Go 1.5 に関する話題

Go 1.6 に関する話題

Go 1.7 に関する話題

Go 1.8 に関する話題

はじめての Go 言語 (on Windows)

Qiita で書いてる拙文の目次。

  1. はじめての Go 言語 (on Windows) : インストールと動作確認(“Hello World” まで)
  2. はじめての Go 言語 (on Windows) その2 : 素数探索アルゴリズムで遊ぶ(slice, make, goroutine, channel)
  3. はじめての Go 言語 (on Windows) その3 : get コマンドを使う
  4. はじめての Go 言語 (on Windows) その4 : string と rune
  5. はじめての Go 言語 (on Windows) その5 : 暦で遊ぶ(math, time)
  6. はじめての Go 言語 (on Windows) その6 : パッケージ化について
  7. はじめての Go 言語 (on Windows) その7 : テストを書く
  8. はじめての Go 言語 (on Windows) その8 : パッケージ化したのならドキュメントを書きましょう
  9. はじめての Go 言語 (on Windows) その9 : プロジェクト・ベースのビルド・ツールを使ってみる
  10. はじめての Go 言語 (on Windows) その10 : 最終回。コマンドライン・ツールを作ってみる。エラーハンドリングについてもちょっとだけ

ちなみに「はじめての…」以降の Go 言語に関する拙文は以下の通り。

本家ブログでも不定期連載しています(最近はこっちがメイン)。