Go 言語でデータ圧縮と解凍

最近データ圧縮と解凍でちょっと悩んだので覚え書きとしてまとめておく。

ZLIB 圧縮と解凍(RFC 1950

RFC 1950 で定義される圧縮方式。

Go 言語では標準パッケージの compress/zlib で提供される。 コードで書くとこんな感じ。

package main

import (
    "bytes"
    "compress/zlib"
    "fmt"
    "io"
    "os"
)

func compress(r io.Reader) (*bytes.Buffer, error) {
    buf := new(bytes.Buffer)
    zw := zlib.NewWriter(buf)
    defer zw.Close()

    if _, err := io.Copy(zw, r); err != nil {
        return buf, err
    }
    return buf, nil
}

func extract(zr io.Reader) (io.Reader, error) {
    return zlib.NewReader(zr)
}

func main() {
    content := "Hello world\n" //raw data
    //compress raw data
    zr, err := compress(bytes.NewBufferString(content))
    if err != nil {
        fmt.Fprintln(os.Stderr, err)
        return
    }
    //display compressed data
    b := zr.Bytes()
    fmt.Printf("%d bytes: %v\n", len(b), b)
    //extract from compressed data
    r, err := extract(zr)
    if err != nil {
        fmt.Fprintln(os.Stderr, err)
        return
    }
    //display extracted data
    io.Copy(os.Stdout, r)
}

実行結果はこんな感じになる。

$ go run zlib.go
24 bytes: [120 156 242 72 205 201 201 87 40 207 47 202 73 225 2 4 0 0 255 255 28 242 4 71]
Hello world

DEFLATE 圧縮と解凍(RFC 1951

RFC 1951 で定義される圧縮方式。

Go 言語では標準パッケージの compress/flate で提供される。 コードで書くとこんな感じ。

package main

import (
    "bytes"
    "compress/flate"
    "fmt"
    "io"
    "os"
)

func compress(r io.Reader) (*bytes.Buffer, error) {
    buf := new(bytes.Buffer)
    zw, err := flate.NewWriter(buf, flate.BestCompression)
    if err != nil {
        return buf, err
    }
    defer zw.Close()

    if _, err := io.Copy(zw, r); err != nil {
        return buf, err
    }
    return buf, nil
}

func extract(zr io.Reader) (io.Reader, error) {
    return flate.NewReader(zr), nil
}

func main() {
    content := "Hello world\n" //raw data
    //compress raw data
    zr, err := compress(bytes.NewBufferString(content))
    if err != nil {
        fmt.Fprintln(os.Stderr, err)
        return
    }
    //display compressed data
    b := zr.Bytes()
    fmt.Printf("%d bytes: %v\n", len(b), b)
    //extract from compressed data
    r, err := extract(zr)
    if err != nil {
        fmt.Fprintln(os.Stderr, err)
        return
    }
    //display extracted data
    io.Copy(os.Stdout, r)
}

分かりやすいように関数のインタフェースを合わせてある。

実行結果はこんな感じになる。

$ go run zip.go
18 bytes: [242 72 205 201 201 87 40 207 47 202 73 225 2 4 0 0 255 255]
Hello world

実は C 言語などでは, RFC 1951RFC 1950 と同じ zlib で提供される。 だから私はてっきり RFC 1951compress/zlib で操作できると思いこんでいて,途方に暮れていたのだ。 うん。 次からは間違えないぞ!

ついでに他の方式も紹介しておこう。

Gzip 圧縮と解凍(RFC 1952

RFC 1952 で定義される圧縮方式。 これも C 言語などでは zlib で提供されている。 データというよりファイル圧縮に使うものだが,データ圧縮にも使えないことはない。

Go 言語では標準パッケージの compress/gzip で提供されるのだが,実は以前に紹介している。

今回は上述のコードに合わせて書き直してみる。

package main

import (
    "bytes"
    "compress/gzip"
    "fmt"
    "io"
    "os"
)

func compress(r io.Reader) (*bytes.Buffer, error) {
    buf := new(bytes.Buffer)
    zw, err := gzip.NewWriterLevel(buf, gzip.BestCompression)
    if err != nil {
        return buf, err
    }
    defer zw.Close()

    if _, err := io.Copy(zw, r); err != nil {
        return buf, err
    }
    return buf, nil
}

func extract(zr io.Reader) (io.Reader, error) {
    return gzip.NewReader(zr)
}

func main() {
    content := "Hello world\n" //raw data
    //compress raw data
    zr, err := compress(bytes.NewBufferString(content))
    if err != nil {
        fmt.Fprintln(os.Stderr, err)
        return
    }
    //display compressed data
    b := zr.Bytes()
    fmt.Printf("%d bytes: %v\n", len(b), b)
    //extract from compressed data
    r, err := extract(zr)
    if err != nil {
        fmt.Fprintln(os.Stderr, err)
        return
    }
    //display extracted data
    io.Copy(os.Stdout, r)
}

実行結果はこんな感じになる。

$ go run gzip.go
36 bytes: [31 139 8 0 0 0 0 0 2 255 242 72 205 201 201 87 40 207 47 202 73 225 2 4 0 0 255 255 213 224 57 183 12 0 0 0]
Hello world

RFC 1950, RFC 1951, RFC 1952 はデータのフォーマットが違うだけで圧縮アルゴリズムは同じ。 なので,単純にデータを圧縮するだけなら RFC 1951 でいいという話になる。

Bzip2 圧縮と解凍

これは zlib 系の圧縮アルゴリズムとは異なる系統。 zlib よりも圧縮率がいいと言われている。 これもデータというよりファイル圧縮に使うものだが,データ圧縮にも使えないことはない。

Go 言語では標準パッケージの compress/bzip2 で提供されるのだが,解凍しかサポートされてない。

しょうがないので解凍のみ書いてみる。

package main

import (
    "bytes"
    "compress/bzip2"
    "fmt"
    "io"
    "os"
)

func extract(zr io.Reader) (io.Reader, error) {
    return bzip2.NewReader(zr), nil
}

func main() {
    cdata := []byte{66, 90, 104, 57, 49, 65, 89, 38, 83, 89, 176, 48, 136, 246, 0, 0, 1, 85, 128, 0, 16, 64, 0, 0, 64, 6, 4, 144, 128, 32, 0, 34, 40, 246, 166, 244, 8, 6, 4, 105, 205, 172, 132, 162, 238, 72, 167, 10, 18, 22, 6, 17, 30, 192}
    //display compressed data
    fmt.Printf("%d bytes: %v\n", len(cdata), cdata)
    //extract from compressed data
    r, err := extract(bytes.NewReader(cdata))
    if err != nil {
        fmt.Fprintln(os.Stderr, err)
        return
    }
    //display extracted data
    io.Copy(os.Stdout, r)
}

実行結果はこんな感じになる。

$ go run bzip2.go
54 bytes: [66 90 104 57 49 65 89 38 83 89 176 48 136 246 0 0 1 85 128 0 16 64 0 0 64 6 4 144 128 32 0 34 40 246 166 244 8 6 4 105 205 172 132 162 238 72 167 10 18 22 6 17 30 192]
Hello world

とはいえ「圧縮機能がないのは困るなぁ」と思って探したら,ありました。

これを使ってこれまでと同じように圧縮と解凍の処理を書き直してみる。

package main

import (
    "bytes"
    "fmt"
    "io"
    "os"

    "github.com/dsnet/compress/bzip2"
)

func compress(r io.Reader) (*bytes.Buffer, error) {
    buf := new(bytes.Buffer)
    zw, err := bzip2.NewWriter(buf, &bzip2.WriterConfig{Level: bzip2.BestCompression})
    if err != nil {
        return buf, err
    }
    defer zw.Close()

    if _, err := io.Copy(zw, r); err != nil {
        return buf, err
    }
    return buf, nil
}

func extract(zr io.Reader) (io.Reader, error) {
    return bzip2.NewReader(zr, new(bzip2.ReaderConfig))
}

func main() {
    content := "Hello world\n" //raw data
    //compress raw data
    zr, err := compress(bytes.NewBufferString(content))
    if err != nil {
        fmt.Fprintln(os.Stderr, err)
        return
    }
    //display compressed data
    b := zr.Bytes()
    fmt.Printf("%d bytes: %v\n", len(b), b)
    //extract from compressed data
    r, err := extract(zr)
    if err != nil {
        fmt.Fprintln(os.Stderr, err)
        return
    }
    //display extracted data
    io.Copy(os.Stdout, r)
}

実行結果はこんな感じになる。

$ go run bzip2.go
54 bytes: [66 90 104 57 49 65 89 38 83 89 176 48 136 246 0 0 1 85 128 0 16 64 0 0 64 6 4 144 128 32 0 34 40 246 166 244 8 6 4 105 205 172 132 162 238 72 167 10 18 22 6 17 30 192]
Hello world

めでたし。

ブックマーク

今回は言及しなかった archive/* パッケージ周りの記事を中心にブックマークしてみた。

参考図書

photo
プログラミング言語Go (ADDISON-WESLEY PROFESSIONAL COMPUTING SERIES)
Alan A.A. Donovan Brian W. Kernighan 柴田 芳樹
丸善出版 2016-06-20
評価

スターティングGo言語 (CodeZine BOOKS) Go言語によるWebアプリケーション開発 Kotlinスタートブック -新しいAndroidプログラミング Docker実戦活用ガイド グッド・マス ギークのための数・論理・計算機科学

著者のひとりは(あの「バイブル」とも呼ばれる)通称 “K&R” の K のほうである。

reviewed by Spiegel on 2016-07-13 (powered by G-Tools)