組込みで Go

Qiita@tetsu_koba さんが最近組込み関連の記事を連投されているのでブックマークしておく。

Go 言語で組込みといってもフルスクラッチでシーケンサみたいなのを組むわけではなく, RT Linux 下でのリアルタイム処理を想定しているようだ。

独学での組込みソフトの勉強は,具体的なターゲットがないと「その辺の出来合いのハードで『Lチカ1』組んで満足」みたいなことになりかねないので,手を出すのを躊躇っていた。 でも今時は組込みつっても要は標準的な RTOS ( Real-Time Operating System) で動くアプリケーションなので(スマホ・アプリの開発も「組込み」カテゴリらしいし),勉強ならもっと気楽に構えていいのかなと思い直している。

とはいえ,私の場合は生活基盤を立て直すことから始めないといけないので,やるにしても暫く先になるかな。

その他のブックマーク

参考図書

photo
プログラミング言語Go (ADDISON-WESLEY PROFESSIONAL COMPUTING SERIES)
Alan A.A. Donovan, Brian W. Kernighan
柴田 芳樹 (翻訳)
丸善出版 2016-06-20
Book 単行本(ソフトカバー)
ASIN: 4621300253, EAN: 9784621300251
評価     

著者のひとりは(あの「バイブル」とも呼ばれる)通称 “K&R” の K のほうである。この本は Go 言語の教科書と言ってもいいだろう。

reviewed by Spiegel on 2018-10-20 (powered by amazon-item v0.2.0)


  1. LED をチカチカ点滅させる組込み開発の “Hello World” みたいなやつ(笑) [return]