XML データの Unmarshalling

今回は XML の Unmarshalling について。 つっても Unmarshalling 自体は encoding/xml パッケージを使って

stdata := &StructData{}
if err := xml.Unmarshal([]byte(xmldata), stdata); err != nil {
    fmt.Fprintln(os.Stderr, err)
    return
}

などとすればよい。 問題は XML データを受け入れる構造体(上述のコードで言うなら StructData)をどう定義するかだ。

今回のお題となる XML データとして以下を考える。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<rdf:RDF
  xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
  xmlns:foaf="http://xmlns.com/foaf/0.1/"
  xmlns:dc="http://purl.org/dc/terms/"
  xmlns:cc="http://web.resource.org/cc/"
>
  <foaf:Document rdf:about="http://text.baldanders.info/">
    <dc:title lang="ja">text.Baldanders.info</dc:title>
    <dc:creator>Spiegel</dc:creator>
    <dc:date>2018-03-16T20:40:27+09:00</dc:date>
    <cc:license rdf:resource="http://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0/"/>
  </foaf:Document>
</rdf:RDF>

この XML データの特徴は以下の通り。

  1. 要素名や属性名が名前空間(namespace)を含んでいる
  2. 要素の値として属性値と要素の内容(要素タグで囲まれているエリア)がある
  3. 時刻情報(RFC 3339 形式)を含んでいる

これを struct タグでどのように記述するかを次節から検討する。

名前空間について

たとえば名前空間を含まない

<creator>Spiegel</creator>

であれば struct タグは単純に

Creator string `xml:"creator"`

と記述できる。 しかし実際には

<dc:creator>Spiegel</dc:creator>

と名前空間を含んでいるため, struct タグを厳密に記述するなら

Creator string `xml:"http://purl.org/dc/terms/ creator"`

とする必要がある。 名前空間の指定は短縮名の dc ではなく URI http://purl.org/dc/terms/ を記述する。 なお(名前空間を除いた)要素名や属性の混濁がないのであれば

Creator string `xml:"creator"`

のままでも問題なく parse できる。 この場合,名前空間は無視されるようだ。

値の取得

<dc:title> の値には属性値と要素の内容の複数が含まれている。

<dc:title lang="ja">text.Baldanders.info</dc:title>

これらの値を全て取得するなら struct タグの記述は以下のようになる。

Title struct {
    Language string `xml:"lang,attr"`
    Name     string `xml:",chardata"`
} `xml:"http://purl.org/dc/terms/ title"`

ちなみに要素の内容が <![CDATA[ ... ]]> で囲まれるデータであれば chardata ではなく cdata を指定するとよい。

時刻情報の処理

xml.Unmarshal() 関数には時刻情報を time.Time 型に変換するロジックは用意されていない(基本型ではないので当然だが)。 したがって文字列から time.Time 型に変換するロジックを自前で組み込む必要がある。

今回はフォーマットが RFC 3339 であることを前提に以下のようにした。

type Time struct {
    time.Time
}

func (t *Time) UnmarshalXML(d *xml.Decoder, start xml.StartElement) error {
    var v string
    if err := d.DecodeElement(&v, &start); err != nil {
        return err
    }
    tm, err := time.Parse(time.RFC3339, v)
    if err != nil {
        return err
    }
    *t = Time{tm}
    return nil
}

独自定義の Time 型が time.Time 型のラッパー・クラスになっている点に注目。 この Time 型に UnmarshalXML() 関数を定義している。 これで構造体の要素は以下のように記述できる。

Date Time `xml:"http://purl.org/dc/terms/ date"`

xml.Unmarshal() 関数は Time 型を解析するために Time.UnmarshalXML() 関数を呼び出すわけだ。 encoding/xml パッケージでは UnmarshalXML() 関数は以下のように定義されている。

type Unmarshaler interface {
    UnmarshalXML(d *Decoder, start StartElement) error
}

xml.Unmarshaler インタフェースを持つ型であれば XML Unmarshalling 可能である1

サンプルコード

以上を踏まえてお題の XML データの Unmarshalling コードは以下のようになる。

package main

import (
    "encoding/xml"
    "fmt"
    "os"
    "time"
)

var xmldata = `
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<rdf:RDF
  xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
  xmlns:foaf="http://xmlns.com/foaf/0.1/"
  xmlns:dc="http://purl.org/dc/terms/"
  xmlns:cc="http://web.resource.org/cc/"
>
  <foaf:Document rdf:about="http://text.baldanders.info/">
    <dc:title lang="ja">text.Baldanders.info</dc:title>
    <dc:creator>Spiegel</dc:creator>
    <dc:date>2018-03-16T20:40:27+09:00</dc:date>
    <cc:license rdf:resource="http://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0/"/>
  </foaf:Document>
</rdf:RDF>
`

type Time struct {
    time.Time
}

func (t *Time) UnmarshalXML(d *xml.Decoder, start xml.StartElement) error {
    var v string
    if err := d.DecodeElement(&v, &start); err != nil {
        return err
    }
    tm, err := time.Parse(time.RFC3339, v)
    if err != nil {
        return err
    }
    *t = Time{tm}
    return nil
}

type RDF struct {
    XMLName  xml.Name `xml:"http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns# RDF"`
    Document struct {
        URI   string `xml:"http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns# about,attr"`
        Title struct {
            Language string `xml:"lang,attr,omitempty"`
            Name     string `xml:",chardata"`
        } `xml:"http://purl.org/dc/terms/ title"`
        Creator string `xml:"http://purl.org/dc/terms/ creator"`
        Date    Time   `xml:"http://purl.org/dc/terms/ date"`
        License struct {
            URI string `xml:"http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns# resource,attr"`
        } `xml:"http://web.resource.org/cc/ license"`
    } `xml:"http://xmlns.com/foaf/0.1/ Document"`
}

func main() {
    rdf := &RDF{}
    if err := xml.Unmarshal([]byte(xmldata), rdf); err != nil {
        fmt.Fprintln(os.Stderr, err)
        return
    }
}

自前で解析するより遥かにマシだが,面倒くさいことには変わりない。 XML とか○ねばいいのに(笑)

たとえば <dc:title> 要素の内容だけ取れればええんじゃあ! という場合は

type RDF struct {
    Title string `xml:"Document>title"`
}

と要素を > で繋ぐ記述も可能。 ただこの記述では名前空間をうまく指定できなかった。 うーん。

XML の Marshalling については機会があれば。 つか,構造化されたデータを XML Marshalling するのは不毛な気がする。 フォーマットが決まってるのであればテンプレートを使ったほうが早いんじゃないかなぁ...

【おまけ】 xml.Unmarshal() 関数の中身

余談だが xml.Unmarshal() 関数の中身は

func Unmarshal(data []byte, v interface{}) error {
	return NewDecoder(bytes.NewReader(data)).Decode(v)
}

となっている。

したがって入力がバイトデータであれば,わざわざ自前で Reader を作って xml.NewDecoder() を呼び出す必要はない。 逆に入力が Reader であるなら xml.NewDecoder()xml.Decoder を生成するほうがいいかもしれない。 状況で使い分けよう。

ブックマーク

参考図書

photo
プログラミング言語Go (ADDISON-WESLEY PROFESSIONAL COMPUTING SERIES)
Alan A.A. Donovan Brian W. Kernighan 柴田 芳樹
丸善出版 2016-06-20
評価

スターティングGo言語 (CodeZine BOOKS) Go言語によるWebアプリケーション開発 Kotlinスタートブック -新しいAndroidプログラミング Docker実戦活用ガイド グッド・マス ギークのための数・論理・計算機科学

著者のひとりは(あの「バイブル」とも呼ばれる)通称 “K&R” の K のほうである。

reviewed by Spiegel on 2016-07-13 (powered by G-Tools)

photo
セマンティック HTML/XHTML
神崎 正英
毎日コミュニケーションズ 2009-05-28
評価

セマンティック・ウェブのためのRDF/OWL入門 セマンティックWeb プログラミング Linked Data: Webをグローバルなデータ空間にする仕組み オントロジー構築入門 トピックマップ入門 (セマンティック技術シリーズ)

残念ながら紙の本は実質的に絶版なんですよねぇ。是非デジタル化を希望します。

reviewed by Spiegel on 2014/08/17 (powered by G-Tools)


  1. もちろん Marshalling 用の xml.Marshaler インタフェースも存在する。 [return]