そろそろ GnuPG でも ECC を標準で使うのがいいんじゃないかな

最初に言っておくと OpenPGP では(秘密鍵の漏洩や暗号アルゴリズム等の危殆化がない限り)永続的に使われるのがよい鍵とされている1。 なので,無理に新しい鍵に切り替える必要はないのだが,もし GnuPG で新しい鍵を作るのであれば ECC (Elliptic Curve Cryptography; 楕円曲線暗号) を選択するのがいいんじゃないかな? という提案である。

手っ取り早く ECC 鍵を作る

手っ取り早く ECC 鍵を作りたいなら --quick-generate-key コマンドでアルゴリズムに future-default を指定すればよい。 (以下は有効期限を2年で指定する場合。無期限でいいなら 0 を指定する)

$ gpg --quick-gen-key "Alice <alice@example.com>" future-default - 2y
たくさんのランダム・バイトの生成が必要です。キーボードを打つ、マウスを動か
す、ディスクにアクセスするなどの他の操作を素数生成の間に行うことで、乱数生
成器に十分なエントロピーを供給する機会を与えることができます。

たくさんのランダム・バイトの生成が必要です。キーボードを打つ、マウスを動か
す、ディスクにアクセスするなどの他の操作を素数生成の間に行うことで、乱数生
成器に十分なエントロピーを供給する機会を与えることができます。
gpg: 失効証明書を 'C:/Users/slice/AppData/Roaming/gnupg/openpgp-revocs.d\F79B411717B86902177EA08200693613E2B68F5A.rev' に保管しました。
公開鍵と秘密鍵を作成し、署名しました。

pub   ed25519 2017-12-02 [SC] [有効期限: 2019-12-02]
      F79B411717B86902177EA08200693613E2B68F5A
uid                      Alice <alice@example.com>
sub   cv25519 2017-12-02 [E]

作成した鍵を私作の gpgpdump 2 で見てみるとこんな感じになっている。

$ gpg -a --export alice | gpgpdump
Public-Key Packet (tag 6) (51 bytes)
    Version: 4 (current)
    Public key creation time: 2017-12-02T10:37:17+09:00
        5a 22 03 cd
    Public-key Algorithm: EdDSA (pub 22)
    ECC Curve OID: ed25519
        2b 06 01 04 01 da 47 0f 01
    EdDSA EC point (04 || X || Y) (263 bits)
User ID Packet (tag 13) (25 bytes)
    User ID: Alice <alice@example.com>
Signature Packet (tag 2) (150 bytes)
    Version: 4 (current)
    Signiture Type: Positive certification of a User ID and Public-Key packet (0x13)
    Public-key Algorithm: EdDSA (pub 22)
    Hash Algorithm: SHA2-256 (hash 8)
    Hashed Subpacket (62 bytes)
        Issuer Fingerprint (sub 33) (21 bytes)
            Version: 4 (need 20 octets length)
            Fingerprint (20 bytes)
                f7 9b 41 17 17 b8 69 02 17 7e a0 82 00 69 36 13 e2 b6 8f 5a
        Signature Creation Time (sub 2): 2017-12-02T10:37:17+09:00
        Key Flags (sub 27) (1 bytes)
            Flag: This key may be used to certify other keys.
            Flag: This key may be used to sign data.
        Key Expiration Time (sub 9): 730 days after (2019-12-02T10:37:17+09:00)
        Preferred Symmetric Algorithms (sub 11) (4 bytes)
            Symmetric Algorithm: AES with 256-bit key (sym 9)
            Symmetric Algorithm: AES with 192-bit key (sym 8)
            Symmetric Algorithm: AES with 128-bit key (sym 7)
            Symmetric Algorithm: TripleDES (168 bit key derived from 192) (sym 2)
        Preferred Hash Algorithms (sub 21) (5 bytes)
            Hash Algorithm: SHA2-256 (hash 8)
            Hash Algorithm: SHA2-384 (hash 9)
            Hash Algorithm: SHA2-512 (hash 10)
            Hash Algorithm: SHA2-224 (hash 11)
            Hash Algorithm: SHA-1 (hash 2)
        Preferred Compression Algorithms (sub 22) (3 bytes)
            Compression Algorithm: ZLIB <RFC1950> (comp 2)
            Compression Algorithm: BZip2 (comp 3)
            Compression Algorithm: ZIP <RFC1951> (comp 1)
        Features (sub 30) (1 bytes)
            Flag: Modification Detection (packets 18 and 19)
        Key Server Preferences (sub 23) (1 bytes)
            Flag: No-modify
    Unhashed Subpacket (10 bytes)
        Issuer (sub 16): 0x00693613e2b68f5a
    Hash left 2 bytes
        7e b5
    EdDSA compressed value r (253 bits)
    EdDSA compressed value s (251 bits)
Public-Subkey Packet (tag 14) (56 bytes)
    Version: 4 (current)
    Public key creation time: 2017-12-02T10:37:17+09:00
        5a 22 03 cd
    Public-key Algorithm: ECDH public key algorithm (pub 18)
    ECC Curve OID: cv25519
        2b 06 01 04 01 97 55 01 05 01
    ECDH EC point (04 || X || Y) (263 bits)
    KDF parameters (3 bytes)
        Hash Algorithm: SHA2-256 (hash 8)
        Symmetric Algorithm: AES with 128-bit key (sym 7)
Signature Packet (tag 2) (120 bytes)
    Version: 4 (current)
    Signiture Type: Subkey Binding Signature (0x18)
    Public-key Algorithm: EdDSA (pub 22)
    Hash Algorithm: SHA2-256 (hash 8)
    Hashed Subpacket (32 bytes)
        Issuer Fingerprint (sub 33) (21 bytes)
            Version: 4 (need 20 octets length)
            Fingerprint (20 bytes)
                f7 9b 41 17 17 b8 69 02 17 7e a0 82 00 69 36 13 e2 b6 8f 5a
        Signature Creation Time (sub 2): 2017-12-02T10:37:17+09:00
        Key Flags (sub 27) (1 bytes)
            Flag: This key may be used to encrypt communications.
            Flag: This key may be used to encrypt storage.
    Unhashed Subpacket (10 bytes)
        Issuer (sub 16): 0x00693613e2b68f5a
    Hash left 2 bytes
        29 27
    EdDSA compressed value r (254 bits)
    EdDSA compressed value s (254 bits)

長々とした出力で申し訳ないが Public-Key PacketPublic-Subkey Packet の項目に注目していただくと,電子署名用に EdDSA (ed25519),暗号用に ECDH (cv25519) が使われているのが分かる。 鍵長はいずれも 256bits である。

通常はこれで問題ない。

楕円曲線と鍵長

ここでちょっと横道に逸れて鍵長の話をしておく。

たとえば RSA の(平文 $M$ から暗号文 $C$ への)暗号化は以下の式で表される。

\[ C = M^e \bmod n \]

$(e, n)$ のセットが公開鍵で, $n$ のサイズが鍵長に相当する。 実際の計算はともかく,感覚としては分かりやすいよね。

ECC の場合は暗号化の前に,まずベースとなる楕円曲線の(素数 $q$ で決められる)素体(prime fields)を決めなければならない3。 これは以下の式で表される。

\[ E : y^2 \equiv x^3 + ax + b \pmod{q} \]

この素体上の有理点の数(位数)を $\#E$ とした時の $\#E$ のサイズが鍵長に相当する。 $(a,b,q)$ といったパラメータを眺めただけでは鍵長が分からないというのが面倒臭い感じである4

そこで ECC の場合は楕円曲線を表すパラメータのセットが標準化されていて,そのセットを識別する ECC Curve OID (Object IDentifier) も決められている。 先程書いた gpgpdump 出力結果の “ECC Curve OID” の項目がそれに該当する。

つまり ECC Curve OID から楕円曲線の種類を特定し,そこから鍵長も分かる,というわけだ。

GnuPG で利用できる楕円曲線

そこで, GnuPG で利用できる楕円曲線をリストアップしておく。

表の左端列の「GnuPG」は GnuPG で表示される楕円曲線名を示す。 楕円曲線名に鍵長が含まれている(ただし cv25519ed25519 は 256bits)。 右端列の「強度」は鍵長ではなく,セキュリティ強度なのでご注意を。

SECG/NIST 推奨パラメータ

GnuPG SECG NIST アルゴリズム 強度 bits
nistp256 secp256r1 NIST curve P-256 ECDH, ECDSA 128
nistp384 secp384r1 NIST curve P-384 ECDH, ECDSA 192
nistp521 secp521r1 NIST curve P-521 ECDH, ECDSA 256
secp256k1 secp256k1 ECDH, ECDSA 128

SECG/NIST の楕円曲線名とのマッピングは RFC 4492 を参考にした。 nistp256, nistp384, nistp521 は既に RFC 6637 で定義済みなので正式に使える。 RFC 6637 では NIST curve P-256 については “MUST implement”, NIST curve P-521 については “SHOULD implement”, NIST curve P-384 については “MAY implement” となっている。

Brainpool

GnuPG アルゴリズム 強度 bits
brainpoolP256r1 ECDH, ECDSA 128
brainpoolP384r1 ECDH, ECDSA 192
brainpoolP512r1 ECDH, ECDSA 256

Brainpool については RFC 5639 を参照のこと。 RFC 4880bis では brainpoolP256r1 および brainpoolP512r1 については “MAY implement” となっている。

その他

GnuPG アルゴリズム 強度 bits
cv25519 ECDH 128
ed25519 EdDSA 128

EdDSA については RFC 8032 を参照のこと。 RFC 4880bis では Curve25519 (cv25519) および Ed25519 (ed25519) については “SHOULD implement” となっている。

セキュリティ強度と楕円曲線

セキュリティ強度と暗号アルゴリズムと鍵長の関係は以下の表の通り(単位は全てbit)。

Security
Strength
Symmetric
key
algorithms
FFC
(e.g., DSA, D-H)
IFC
(e.g., RSA)
ECC
(e.g., ECDSA)
$\le 80$2TDEA$L=1024$
$N=160$
$k=1024$ $f = 160\text{ - }223$
$112$3TDEA$L=2048$
$N=224$
$k=2048$ $f = 224\text{ - }255$
$128$AES-128$L=3072$
$N=256$
$k=3072$ $f = 256\text{ - }383$
$192$AES-192$L=7680$
$N=384$
$k=7680$ $f = 384\text{ - }511$
$256$AES-256$L=15360$
$N=512$
$k=15360$$f=512+$
Comparable strengths (via SP800-57 Part 1 Revision 4 )

2030年以降も Acceptable な鍵が要件なら 128bits 以上のセキュリティ強度が必要だが, GnuPG で利用できる楕円曲線は全て問題ないことが分かるだろう。

【付録】 対話モードによる ECC 鍵の選択

対話モードで ECC 鍵を選択して作成するには以下のコマンドラインで起動する。

$ gpg --full-gen-key --expert

このうち ECC 鍵を作成できるのは,以下の選択肢の内 (9) から (11) を選択した場合である。

ご希望の鍵の種類を選択してください:
   (1) RSA と RSA (デフォルト)
   (2) DSA と Elgamal
   (3) DSA (署名のみ)
   (4) RSA (署名のみ)
   (7) DSA (機能をあなた自身で設定)
   (8) RSA (機能をあなた自身で設定)
   (9) ECC と ECC
  (10) ECC (署名のみ)
  (11) ECC (機能をあなた自身で設定)
  (13) 既存の鍵
あなたの選択は? 

(9) を選択すると電子署名用の主鍵と暗号化用の副鍵をセットで作成する。 (10) と (11) を選択すると電子署名用の主鍵のみ作成する((11) では主鍵の機能を選択できる) 。

いずれを選択した場合でも以下の楕円曲線の選択肢が表示される。

ご希望の楕円曲線を選択してください:
   (1) Curve 25519
   (3) NIST P-256
   (4) NIST P-384
   (5) NIST P-521
   (6) Brainpool P-256
   (7) Brainpool P-384
   (8) Brainpool P-512
   (9) secp256k1
あなたの選択は? 

実際にどのような鍵が作成されるか以下に示す。

「ECC と ECC」を選んだ場合

選択した楕円曲線 主鍵(電子署名用) 副鍵(暗号化用) 強度 bit
Curve 25519 EdDSA (ed25519) ECDH (cv25519) 128
NIST P-256 ECDSA (nistp256) ECDH (nistp256) 128
NIST P-384 ECDSA (nistp384) ECDH (nistp384) 192
NIST P-521 ECDSA (nistp521) ECDH (nistp521) 256
Brainpool P-256 ECDSA (brainpoolP256r1) ECDH (brainpoolP256r1) 128
Brainpool P-384 ECDSA (brainpoolP384r1) ECDH (brainpoolP384r1) 192
Brainpool P-512 ECDSA (brainpoolP512r1) ECDH (brainpoolP512r1) 256
secp256k1 ECDSA (secp256k1) ECDH (secp256k1) 128

「ECC (署名のみ)」を選んだ場合

「ECC (機能をあなた自身で設定)」でも同じ。

選択した楕円曲線 主鍵(電子署名用) 副鍵 強度 bit
Curve 25519 EdDSA (ed25519) なし 128
NIST P-256 ECDSA (nistp256) なし 128
NIST P-384 ECDSA (nistp384) なし 192
NIST P-521 ECDSA (nistp521) なし 256
Brainpool P-256 ECDSA (brainpoolP256r1) なし 128
Brainpool P-384 ECDSA (brainpoolP384r1) なし 192
Brainpool P-512 ECDSA (brainpoolP512r1) なし 256
secp256k1 ECDSA (secp256k1) なし 128

ブックマーク

参考図書

photo
暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリス
結城 浩
SBクリエイティブ 2015-08-25
評価

自作エミュレータで学ぶx86アーキテクチャ コンピュータが動く仕組みを徹底理解! 数学ガールの秘密ノート/丸い三角関数 数学ガールの秘密ノート/微分を追いかけて 情報セキュリティ白書2015: サイバーセキュリティ新時代:あらゆる変化へ柔軟な対応を 数学ガールの秘密ノート/数列の広場

SHA-3 や Bitcoin/Blockchain など新しい知見や技術要素を大幅追加。暗号技術を使うだけならこれ1冊でとりあえず無問題。

reviewed by Spiegel on 2015-09-20 (powered by G-Tools)


  1. この辺については「OpenPGP 鍵管理に関する考察」を参照のこと。 [return]
  2. gpgpdump v0.3.4 以降なら多分大丈夫。 [return]
  3. 素体ではなく「標数2の体(binary fields)」を使う場合もあるが,ここでは割愛する。 [return]
  4. 楕円曲線と楕円曲線暗号については結城浩さんの『暗号技術入門 第3版』の付録に比較的分かりやすい解説が載っている。同じく結城浩さんの『数学ガール ガロア理論』が何となく分かれば楕円曲線についても何となく分かると思う。大丈夫。私も何となくしか分かっていない(笑) [return]