NYAGOS 4.2.4_0 Released

no extension

NYAGOS 4.2.4_0 がリリースされた。

細かい機能の変更や修正がメイン。

  • lua: ole: variable = OLE.property is avaliable instead of OLE:_get('property')
  • lua: ole: OLE.property = value is avaliable instead of OLE:_set('property',value)
  • Load nyagos.d/*.ny as batchlike file
  • #266: lua_e "nyagos.option.noclobber = true" forbides overwriting existing file by redirect.
  • #269: >| FILENAME and >! FILENAME enable to overwrite the file already existing by redirect even if nyagos.option.noclobber = true
  • #270: Console input buffer has been cleaned up when prompt is drawn.
  • #228: Completion supports $ENV[TAB]… by native
  • #275: Fix: history substitution like !str:$ , !?str?:$ did not work.
  • The error event not found is caused when the event pointed !y does note exists.
  • #285: Not wait GUI-process not using pipeline terminating like CMD.EXE (Call them with ShellExecute() instead of CreateProcess() )
  • (Replaced bytes.Buffer to strings.Builder and Go 1.10 is required to build)
  • When more than one are to be executed with open at once, display error: open: ambiguous shellexecute
  • Fix that nyagos.alias.NAME = nil could not remove the alias.

  • lua: ole: variable = OLE.propertyOLE:_get('property') のかわりに使えるようになった
  • lua: ole: OLE.property = valueOLE:_set('property',value) のかわりに使えるようになった
  • nyagos.d/*.ny のコマンドファイルも読み込むようにした
  • #266: lua_e "nyagos.option.noclobber = true" でリダイレクトでのファイル上書きを禁止
  • #269: >| FILENAME もしくは >! FILENAME で、nyagos.option.noclobber = true の時も上書きできるようにした
  • #270: プロンプト表示時にコンソール入力バッファをクリアするようにした
  • #228: $ENV[TAB] という補完をネイティブでサポート
  • #275: !str:$ や !str?:$ といったヒストリ置換が機能しない不具合を修正
  • ! で指定されるヒストリが存在しない時「event not found」エラーを出させるようにした
  • #285: パイプラインを使っていない GUIプログラムは CMD.EXE 同様終了を待たないようにした (CreateProcess ではなく ShellExecute を使用する)
  • (bytes.Bufferstrings.Builder に置き換えた。Go 1.10 が必要になった)
  • 複数のファイルが「open」で一度に開こうとした時、open: ambiguous shellexecute とエラーを表示するようにした。
  • nyagos.alias.NAME = nil で alias を削除できなかった動作を修正
via Release 4.2.4_0

nyagos.d/*.ny は今回のリリース・パッケージには含まれてなかったのだけど,次回以降で入ってくるってことかなぁ? それとも自前のスクリプトは *.lua じゃなくて *.ny にしろってことなのだろうか。

追記: *.ny は単純にコマンドを列挙したバッチ処理を格納できるファイルだそうだ)

アップデートは上書きコピーでOK。

ブックマーク