【セキュリティ・アップデート】 Git 2.x 最新版がリリース

no extension

git 2.x の各マイナーバージョンに脆弱性が見つかったため修正版がリリースされている。

サブモジュールに関する脆弱性で,再帰的な git clone において任意のコードが実行される可能性がある。

When running "git clone --recurse-submodules", Git parses the supplied .gitmodules file for a URL field and blindly passes it as an argument to a "git clone" subprocess. If the URL field is set to a string that begins with a dash, this "git clone" subprocess interprets the URL as an option. This can lead to executing an arbitrary script shipped in the superproject as the user who ran "git clone".
via [Announce] Git 2.14.5, 2.15.3, 2.16.5, 2.17.2, 2.18.1, and 2.19.1

サブモジュールの脆弱性は前にもなかったっけ。 まぁ,この手の脆弱性はありがちではある。 TeX とか Go 言語の cgo とかでも似たようなことがあったよなぁ。

深刻度高めみたいなのでご注意を。

深刻度: 重要 (8.8) : CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

基本評価基準 評価値
攻撃元区分 ネットワーク
攻撃条件の複雑さ
必要な特権レベル 不要
ユーザ関与レベル
スコープ 変更なし
機密性への影響
完全性への影響
可用性への影響

各マイナーバージョンの最新版がリリースされているので更新すること。

なお Git for Windows には影響がないとのこと。

Git for Windows is uniquely not vulnerable to this security issue: this vulnerability requires writing a file to disk, and that filename must be particularly formatted and include a colon. Since colons are not permitted characters on Windows filesystems, Git for Windows will refuse to write the file.
via Remediating the October 2018 Git Security Vulnerability

このせいなのか Git for Windows にアナウンスがなくて気が付かなかったんだよねぇ(笑)

アップデートは計画的に。

ブックマーク