帰ってきた「しっぽのさきっちょ」

しっぽのさきっちょ: 2015-10-09 付 (2016-01-26 更新)

CC BY-SA 4.0 now one-way compatible with GPLv3

no extension

いやっっふー!

CC-License のひとつ BY-SA (表示-継承) 4.0 と GNU GPL version 3.0 との互換性が正式に認められました。 ただし BY-SA から GPL への一方向のみです。

The GNU General Public License version 3 was declared a BY-SA–Compatible License for version 4.0 on 8 October 2015. Note that compatibility with the GPLv3 is one-way only, which means you may license your contributions to adaptations of BY-SA 4.0 materials under GPLv3, but you may not license your contributions to adaptations of GPLv3 projects under BY-SA 4.0. Other special considerations apply. See the full analysis and comparison for more information.
via Compatible Licenses - Creative Commons

これはゲーム制作とかを考えれば分かりやすいと思いますが, GPLv3 ライセンス下でゲームを制作・公開する場合に, BY-SA 4.0 ライセンス下の作品をゲーム素材として(GPLv3 で)利用できます。 なお,すでに GPLv3 下にあるゲーム素材を BY-SA 4.0 で利用することはできません。

プログラム・コードとそれ以外の material との remix は時折問題になっていました。 いわゆる copyleft の特性は「ウイルス的」と揶揄されることもありますが, remix 作品などではライセンスをどちらに寄せるかが問題になります。 今回の互換性の話は,そうした問題へのひとつの解としてクリエイターの方々に提示できると思います。

これで CC0, BY, BY-SA の Free Culture License 下の作品は全て GPLv3 製品に利用することが可能になります。

参考ページ

参考文献

photo
フリーカルチャーをつくるためのガイドブック クリエイティブ・コモンズによる創造の循環
ドミニク・チェン
フィルムアート社 2012-05-25
評価

電脳のレリギオ:ビッグデータ社会で心をつくる インターネットを生命化する プロクロニズムの思想と実践 暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator) シェアをデザインする: 変わるコミュニティ、ビジネス、クリエイションの現場 みんなのビッグデータ: リアリティ・マイニングから見える世界

国内における Free Culture の事例が豊富。取っ掛かりとしてはちょうどよい本。

reviewed by Spiegel on 2015/05/07 (powered by G-Tools)