週末スペシャル: ゆのっち,木星の衛星になる

no extension
  1. ゆのっち,木星の衛星になる
  2. 2017年直前のうるう秒
  3. Electronic Persons
  4. 投票には行きましたか?
  5. その他の気になる記事

ゆのっち,木星の衛星になる

Juno Approach Movie of Jupiter and the Galilean Moons - YouTube

米国の木星探査機 Juno1 が木星の衛星軌道への投入に成功した。 足掛け5年の長旅であった。 まずはおめでとう。

Juno はこれから1年間木星やその衛星を観測し,最終的には木星に落とされる。 なんでも木星の衛星に生物がいる可能性を考慮して万一にも木星の衛星に落ちないようにとの措置らしい。

これから新しい知見が生まれることを期待します。

追加のブックマーク

2017年直前のうるう秒

日本では時差があるので2017年1月1日午前9:00の直前にうるう秒が挿入されることになる。 これで TAI (International Atomic Time; 国際原子時) との差は37秒になる。

実施年月日 調整時間(秒) TAI - UTC(秒)
1972年1月1日 10
1972年7月1日 +1 11
1973年1月1日 +1 12
1974年1月1日 +1 13
1975年1月1日 +1 14
1976年1月1日 +1 15
1977年1月1日 +1 16
1978年1月1日 +1 17
1979年1月1日 +1 18
1980年1月1日 +1 19
1981年7月1日 +1 20
1982年7月1日 +1 21
1983年7月1日 +1 22
1985年7月1日 +1 23
1988年1月1日 +1 24
1990年1月1日 +1 25
1991年1月1日 +1 26
1992年7月1日 +1 27
1993年7月1日 +1 28
1994年7月1日 +1 29
1996年1月1日 +1 20
1997年7月1日 +1 31
1999年1月1日 +1 32
2006年1月1日 +1 33
2009年1月1日 +1 34
2012年7月1日 +1 35
2015年7月1日 +1 36
2017年1月1日 +1 37

Electronic Persons

“Electronic Persons” というのは,以前紹介した “non-human person” の一種と考えればいいのだろうか。

オランウータンのサンドラもロボットの AI も,ヒトの外部に存在する「異質の知性」とどう向き合うかという問題に帰着するのではないだろうか。 私たちは私たちが長い時間をかけて構築した社会システムとその中にある「人権」という概念に慣れすぎていて,それはもうほとんど刷り込みのようになっている。 しかし,ヒトの外部にも「知性」が存在する(存在し得る)ということを私たちはようやく認知した。 これは新しい事態である。
もしかしたら動物愛護活動家たちは,自分たちの主義・主張を正当化するために non-human person という言葉を使っているだけなのかもしれないが,これはおそらくそんなレベルの話ではない。 なぜなら「人権」の拡張は「人権」が根ざしている(と私たちが思い込んでいる)ものを根底から覆す可能性があるからだ。 これは例えば「自由」という概念も変わる可能性があることを示唆する。
via non-human person の「人権」

この時はかなりネタっぽく書いたつもりだったが「 「エイリアン・インテリジェンス」としてのAI」でそのものズバリ「エイリアン・インテリジェンス」と書かれていて笑ってしまった。 まぁ SF 好きは大抵この結論になると思うけどね。

投票には行きましたか?

今回に限ったことではないが,あまり本意でない人と政党に投票する。 人に関しては私なりの足切り基準があって,それを除いたらその人しか残らなかったというとても後ろ向きな理由。 政党に関しても似たような感じである。

今回は未成年者も投票できるとあって,どこぞのおっさんが若い人に向かって「テキトーな人を選ぶくらいなら投票に行くな」みたいな発言をしていたが,はっきり言って政治についてまじめに考えれば考えるほど誰に何処に投票すればいいのか分からなくなるのが当たり前だと想う。 大局を語れるような古いタイプの政治家や政党はもはや存在しないし,今の政治家は「神輿」にすぎない。

だから前回書いたように

なので自分の頭で考えて自分の手で投票して,その結果を見つめていく過程を体験していくことが重要なんだと思う。 どうせ学校の先生は日本の政治や世界情勢について sensitive なことは教えられない。 多くの10代とって今回の選挙は自分で問いを立てて自分で解を探っていく最初の機会になるのかもしれない。

というのがポイントなのだよ。 今回はどうなるでしょうねぇ。 久しぶりにテレビでも付けてみるか。

その他の気になる記事

参考図書

photo
ひだまりスケッチ コミック 1-8巻セット (まんがタイムKRコミックス)
蒼樹 うめ
芳文社 2015-02-27
評価

微熱空間 1 (楽園コミックス) Aチャンネル コミック 1-6巻セット (まんがタイムKRコミックス) ARIA 完全版 ARIA The MASTERPIECE 3 (BLADE COMICS) ひだまりスケッチアルバム-TVアニメ公式ガイドブック- (まんがタイムKRコミックス) きんいろモザイク コミック 1-6巻セット (まんがタイムKRコミックス)

そういえば紙の本は捨てちゃったんだよな。 Kindle で買い直さないと。

reviewed by Spiegel on 2016-07-10 (powered by G-Tools)

photo
乙女アトラス (2) ノーラコミックス
竹本 泉
学習研究社 1998-09
評価

ねこめ(~わく) 2 (夢幻燈コミックス) ねこめ(~わく) 1 (夢幻燈コミックス)

地球人も宇宙から見れば non-human person(笑)

reviewed by Spiegel on 2016-07-10 (powered by G-Tools)


  1. 米国のプロジェクトなので英語読みで「ジュノー」と発音するのが正しい。本当はね(笑) [return]