「さよならはてなダイアリー」 ― 黒 Web 2.0 の終焉

no extension

ぶちウケた!

この「日本でほぼ初めてのブログサービス」って強烈な皮肉だな。 おぢさん, “blog” 輸入当時の(ネット限定の)大狂騒を思い出してしまったよ。

ほんでもってこれが登場するわけだ。

つまり「はてなダイアリー」は “blog” に対するアンチテーゼだったんですよ,当時は1。 今から見れば中二病全開のサービスだったとも言えるけど。 みんな若かったんだねぇ。

まぁそんな「日本における Web 2.0 の黒歴史」の代表とも言える「はてなダイアリー」も7月で新規受付終了なんだとか2。 あと数年もすれば,きっとなかったことになるんだろうね。 君の机の引き出しにあるポエム・ノートのように(笑)

そして「すべては歴史の闇の中」ですな。

ブックマーク


  1. ちなみに米国で一部の大学生を対象に Facebook がサービスを開始したのが翌2004年である。日本の mixi も同じく2004年からサービス開始。これ以降,日本では「日記」は SNS や「プロフ」へ急速に移行していく。「ぱど厨」なる言葉が登場したのも2004年頃か。更に Twitter が2006年,Tumblr が2007年にサービスを開始し,ユーザがサービス間を渡り歩いたりするのが当たり前になる。 [return]
  2. はてなブログは継続。しかし,SNS が主流になり「ブログ」が完全に下火なった2013年からようやくブログサービスを始めたはてなは流石としか言いようがない(笑) ちなみに Facebook が Instagram 買収を発表したのはそれより前の2012年である(当時 Android 版のアプリが出たばかりでショックを受けたのを覚えている)。 [return]