もう、(Tumblr を止めても)いいでしょう。

no extension

実は先日,ケータイの電源が入らなくなり,故障として端末を交換してもらったのだが,その際に TOTP 認証の情報も失われてしまい Tumblr にサイン・インできなくなってしまったのだ。 そこで,下記の件もあり,この際 Tumblr は捨てる(厳密に言えば放置)することにした。

今の時代には今更な話だし,今回の Tumblr の決定自体を批判する気はないが,そもそも Tumblr の好きなところは清濁併せ呑むというか独特の猥雑な雰囲気だったので,そういうのを排除するというのは寂しい話ではある。 しかも

今回の発表は、iOSアプリが米AppleのApp Storeから削除された後のことだ。同社は11月19日、原因は子供に対する性的虐待コンテンツがチェックをすり抜けてしまったことにあったと説明した。
via Tumblr、アダルトコンテンツを完全排除へ 12月17日に新ポリシー施行

とあり,どうも App Store による検閲から逃れるための安直な措置のようだ。 確かに moderation を外部に丸投げしてユーザは規約で縛ってしまえば(Tumblr 側は)楽だもんな。 AI を使うとか書いてあるが,実際に moderation の判断を行うのは人間だし(その判断を機械が類推し増幅するわけだ) Tumblr からは uncontrollable なので何が起こるかわからない。

前にも書いたが Web 2.0 サービスの「あがり」は Yahoo! や Google に買収されることで,実際に Tumblr もそれで「あがり」となったわけだが,かつての del.icio.us や Flickr のように Tumblr も飼い殺しにされ貶められて,最終的には捨てられる未来しか見えない。 どっかの窓際サラリーマンのようだ。

これが Web 2.0 の本質だったということなのだろう。

ブックマーク

参考図書

もう、いいでしょう。 1話 (アマゾナイトノベルズ)
もう、いいでしょう。 1話 (アマゾナイトノベルズ)
綾瀬 紗葵
アマゾナイトノベルズ
評価 

同名 Web 小説の Kindle 化。 Kindle unlimited で読める。内容が微妙にアレなので子どもにはオススメしない(内容について親が聞かれたら確実に困惑するだろうw)。いわゆる「ざまぁ」な展開が好きな人には大好物な作品かもしれない。

reviewed by Spiegel on 2018.12.4 (powered by Amakuri)