帰ってきた「しっぽのさきっちょ」

Glide で Vendoring — プログラミング言語 Go

【2017-10-10 追記】 glide プロジェクトは Vendoring ツールとして公式ツールの dep を推し始めたようである。

そこで当セクションでも今後は dep を推していくことにする。 この記事はメンテナンスされない可能性があるが,あしからずご了承の程を。


以前「GOPATH 汚染問題」で Go 言語 1.5 の vendoring 機能を紹介したが,この vendoring のヘルパ・ツールと言えるのが glide である。 glide では依存する外部パッケージの情報を YAML 形式の定義ファイルに記述し,この定義ファイルを基に外部パッケージの管理を行う。

glide 0.8 から挙動が少し変わった。 この記事では 0.8.2 を使っている)

Glide のインストール

glide は自身も glide で外部パッケージを管理している。 なので最初は go get ではなく Releases ページからビルド済みのものを取得することをお勧めする1

既に glide が利用可能な状態なら,以下の要領でビルドできる。

C:\workspace\glide>SET GOPATH=C:\workspace\glide

C:\workspace\glide>SET GO15VENDOREXPERIMENT=1

C:\workspace\glide>git clone git@github.com:Masterminds/glide.git src\github.com\Masterminds\glide
Cloning into 'src\github.com\Masterminds\glide'...
remote: Counting objects: 2292, done.
remote: Compressing objects: 100% (65/65), done.
remote: Total 2292 (delta 34), reused 0 (delta 0), pack-reused 2292
Receiving objects: 100% (2292/2292), 468.01 KiB | 397.00
Receiving objects: 100% (2292/2292), 537.97 KiB | 397.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (1578/1578), done.
Checking connectivity... done.

C:\workspace\glide>pushd src\github.com\Masterminds\glide

C:\workspace\glide\src\github.com\Masterminds\glide>glide install
[INFO] Fetching updates for github.com/codegangsta/cli.
[INFO] Fetching updates for github.com/Masterminds/cookoo.
[INFO] Fetching updates for github.com/Masterminds/vcs.
[INFO] Fetching updates for gopkg.in/yaml.v2.
[INFO] Fetching updates for github.com/Masterminds/semver.
[INFO] Setting version for github.com/Masterminds/cookoo to 78aa11ce75e257c51be7ea945edb84cf19c4a6de.
[INFO] Setting version for github.com/Masterminds/semver to 6333b7bd29aad1d79898ff568fd90a8aa533ae82.
[INFO] Setting version for github.com/codegangsta/cli to b5232bb2934f606f9f27a1305f1eea224e8e8b88.
[INFO] Setting version for github.com/Masterminds/vcs to eaee272c8fa4514e1572e182faecff5be20e792a.
[INFO] Setting version for gopkg.in/yaml.v2 to f7716cbe52baa25d2e9b0d0da546fcf909fc16b4.

C:\workspace\glide\src\github.com\Masterminds\glide>popd

C:\workspace\glide>go install -v ./...
github.com/Masterminds/glide/vendor/github.com/Masterminds/cookoo/io
github.com/Masterminds/glide/msg
github.com/Masterminds/glide/gb
github.com/Masterminds/glide/vendor/gopkg.in/yaml.v2
github.com/Masterminds/glide/vendor/github.com/Masterminds/semver
github.com/Masterminds/glide/vendor/github.com/codegangsta/cli
github.com/Masterminds/glide/vendor/github.com/Masterminds/cookoo/safely
github.com/Masterminds/glide/vendor/github.com/Masterminds/vcs
github.com/Masterminds/glide/vendor/github.com/Masterminds/cookoo
github.com/Masterminds/glide/vendor/github.com/Masterminds/cookoo/cli
github.com/Masterminds/glide/vendor/github.com/Masterminds/cookoo/database/sql
github.com/Masterminds/glide/vendor/github.com/Masterminds/cookoo/database/active
github.com/Masterminds/glide/vendor/github.com/Masterminds/cookoo/convert
github.com/Masterminds/glide/vendor/github.com/Masterminds/cookoo/fmt
github.com/Masterminds/glide/vendor/github.com/Masterminds/cookoo/web
github.com/Masterminds/glide/vendor/github.com/Masterminds/cookoo/example
github.com/Masterminds/glide/vendor/github.com/Masterminds/cookoo/log
github.com/Masterminds/glide/vendor/github.com/Masterminds/cookoo/web/auth
github.com/Masterminds/glide/util
github.com/Masterminds/glide/vendor/github.com/Masterminds/cookoo/doc
github.com/Masterminds/glide/cfg
github.com/Masterminds/glide/dependency
github.com/Masterminds/glide/cmd
github.com/Masterminds/glide

C:\workspace\glide>bin\glide.exe -v
glide version dev

簡単な使い方は以下の通り。

C:> glide -h
NAME:
   glide - The lightweight vendor package manager for your Go projects.

Each project should have a 'glide.yaml' file in the project directory. Files
look something like this:

        package: github.com/Masterminds/glide
        imports:
                - package: github.com/Masterminds/cookoo
                  vcs: git
                  ref: 1.1.0
                  subpackages: **
                - package: github.com/kylelemons/go-gypsy
                  subpackages: yaml
                        flatten: true

NOTE: As of Glide 0.5, the commands 'in', 'into', 'gopath', 'status', and 'env'
no longer exist.


USAGE:
   glide [global options] command [command options] [arguments...]

VERSION:
   0.8.2

COMMANDS:
   create, init Initialize a new project, creating a glide.yaml file
   get          Install one or more packages into `vendor/` and add dependency to glide.yaml.
   import       Import files from other dependency management systems.
   name         Print the name of this project.
   novendor, nv List all non-vendor paths in a directory.
   rebuild      Rebuild ('go build') the dependencies
   install, i   Install a project's dependencies
   update, up   Update a project's dependencies
   tree         Tree prints the dependencies of this project as a tree.
   list         List prints all dependencies that Glide could discover.
   about        Learn about Glide
   help, h      Shows a list of commands or help for one command

GLOBAL OPTIONS:
   --yaml, -y "glide.yaml"              Set a YAML configuration file.
   --quiet, -q                          Quiet (no info or debug messages)
   --debug                              Print Debug messages (verbose)
   --home "C:\Users\username\.glide"    The location of Glide files [$GLIDE_HOME]
   --no-color                           Turn off colored output for log messages
   --help, -h                           show help
   --version, -v                        print the version

開発環境の準備

動作検証用に「GOPATH 汚染問題」で使ったコードを利用する。 まず,以下の環境を作る。

C:\workspace\vdemo2>SET GOPATH=C:\workspace\vdemo2

C:\workspace\vdemo2>SET GO15VENDOREXPERIMENT=1

C:\workspace\vdemo2>tree /f .
C:\WORKSPACE\VDEMO2
└─src
    └─julian-day
            julian-day.go

julian-day.go の内容は以下のとおりである。

package main

import (
    "flag"
    "fmt"
    "os"
    "strconv"
    "time"

    "github.com/spiegel-im-spiegel/astrocalc/modjulian"
)

func main() {
    //引数のチェック
    flag.Parse()
    argsStr := flag.Args()
    if len(argsStr) < 3 {
        fmt.Fprintln(os.Stderr, "年月日を指定してください")
        return
    }
    args := make([]int, 3)
    for i := 0; i < 3; i++ {
        num, err := strconv.Atoi(argsStr[i])
        if err != nil {
            fmt.Fprintln(os.Stderr, err)
            return
        }
        args[i] = num
    }
    tm := time.Date(args[0], time.Month(args[1]), args[2], 0, 0, 0, 0, time.UTC)
    fmt.Printf("%v\n", tm)
    fmt.Printf("MJD = %d日\n", modjulian.DayNumber(tm))
}

当然ながら,このままビルドしても外部パッケージがないため失敗する。

C:\workspace\vdemo2>go install ./...
src\julian-day\julian-day.go:10:2: cannot find package "github.com/spiegel-im-spiegel/astrocalc/modjulian" in any of:
        C:\Go\src\github.com\spiegel-im-spiegel\astrocalc\modjulian (from $GOROOT)
        C:\workspace\vdemo2\src\github.com\spiegel-im-spiegel\astrocalc\modjulian (from $GOPATH)

依存関係を定義する

開発環境ができたら,パッケージのフォルダ(今回は src/julian-day)に移動し, glide create コマンドで依存関係を定義する glide.yaml ファイルを生成する。

C:\workspace\vdemo2>pushd src\julian-day

C:\workspace\vdemo2\src\julian-day>glide create
[INFO] Generating a YAML configuration file and guessing the dependencies
[INFO] Attempting to import from other package managers (use --skip-import to skip)
[INFO] Found reference to github.com\spiegel-im-spiegel\astrocalc\modjulian

C:\workspace\vdemo2\src\julian-day>tree /f C:\workspace\vdemo2
C:\WORKSPACE\VDEMO2
└─src
    └─julian-day
            glide.yaml
            julian-day.go

ソースコードを読んで glide.yaml に必要な情報を推測して書いてくれているようだが2,デリミタが “/” じゃなくて “\” になってる。 Windows 環境だからかな。 残念 orz

package: julian-day
import:
- package: github.com\spiegel-im-spiegel\astrocalc\modjulian

astrocalc/modjulian パッケージのパスを修正して、更にバージョン情報を追加する。

package: julian-day
import:
- package: github.com/spiegel-im-spiegel/astrocalc/modjulian
  version: v0.1.0

これで go get コマンドと同じように, package のパスから自動的に repository を判別してパッケージを取得できる。 go get コマンドと異なるのは, glide.yaml ファイルで指定した version 情報から適切な revision を選択できる点である3

また,以下のように VCS (Version Control System) の種類4 と URI を明示的に指定することもできる(vcsrepo は必ずセットで指定する)。

package: julian-day
import:
- package: github.com/spiegel-im-spiegel/astrocalc/modjulian
  vcs:     git
  repo:    git@github.com:spiegel-im-spiegel/astrocalc.git
  version: v0.1.0

たとえば,プライベートな bare repository からインポートする場合には,この方法が有効である。

パッケージの取得とビルド

パッケージの取得には glide update または glide up コマンドを起動する。

C:\workspace\vdemo2\src\julian-day>glide up
[INFO] Fetching updates for github.com/spiegel-im-spiegel/astrocalc.
[INFO] Setting version for github.com/spiegel-im-spiegel/astrocalc to v0.1.0.
[INFO] Scanning github.com/spiegel-im-spiegel/astrocalc for dependencies.
[INFO] Setting version for github.com/spiegel-im-spiegel/astrocalc to v0.1.0.
[INFO] Project relies on 1 dependencies.
[INFO] Writing glide.lock file
C:\workspace\vdemo2\src\julian-day>tree /f C:\workspace\vdemo2
C:\WORKSPACE\VDEMO2
└─src
    └─julian-day
        │  glide.lock
        │  glide.yaml
        │  julian-day.go
        │
        └─vendor
            └─github.com
                └─spiegel-im-spiegel
                    └─astrocalc
                        │  .editorconfig
                        │  .gitignore
                        │  .travis.yml
                        │  LICENSE
                        │  README.md
                        │
                        └─modjulian
                                example_test.go
                                LICENSE
                                modjulian.go
                                modjulian_test.go

これでビルドが可能になった。 ではビルドしようかな。

C:\workspace\vdemo2\src\julian-day>popd

C:\workspace\vdemo2>go install -v  ./...
julian-day/vendor/github.com/spiegel-im-spiegel/astrocalc/modjulian
julian-day

C:\workspace\vdemo2>bin\julian-day.exe 2015 1 1
2015-01-01 00:00:00 +0000 UTC
MJD = 57023日

よーし,うむうむ,よーし。

Vendor フォルダの管理

glide.lock ファイルには外部パッケージの状態が記述されている。

hash: b1eecd43769aa1225f7b8922a35566008561c64f4ce11180f299888ed153ad69
updated: 2015-12-23T10:47:22.4140434+09:00
imports:
- name: github.com/spiegel-im-spiegel/astrocalc
  version: 256cd3bd4dc63441d3f4759d761593a147d51d88
  subpackages:
  - modjulian
devImports: []

glide.lock があれば glide install(または glide i)コマンドで vendor フォルダ以下の状態を復元できる。

glide では外部パッケージを vendor フォルダ以下に repository 構造ごと展開する。 この場合,開発対象のパッケージも repository で管理しているのだから, repository が入れ子になり具合が悪い。 その辺,当の glide はどうしてるのかなぁと思ったら .gitignore ファイルで vendor/ を除外対象にしていた。 なるほど,そりゃそうか。

glide.yaml および glide.lock ファイルの管理さえちゃんとしていれば glide install コマンドでいつでも復元できるのだから vendor フォルダ以下を除外しても問題ないわけだ5。 これは複数メンバで開発環境を共有する際には便利な機能である。

また vendoring に対応していない(Go 1.4 以下の)環境や glide がない環境では go get で外部パッケージを取ってくることで(revision 等の問題はあるけど)一応ビルドは通る。

更に言うと, glideGo 言語の標準機能に準拠しているため,他のサポートツールとの相性がいいのも利点だろう。 たとえば, ATOM ベースの開発環境glide と相性がいい6。 あと,(多少強引な手を使っているが7Travis CI のような CI (Continuous Integration) と組み合わせることも難しくない。

こう考えると glide前に紹介した gb よりも筋がいいツールといえるかもしれない。

おまけ: vender フォルダ以下をテストから除外する

テストを行う際に普通に

$ go test -v ./...

とかやると vendor フォルダ以下も対象になってしまう。 vendor フォルダ以下を除外したいのであれば

$ go test -v $(glide novendor)

とすればよい。

ただこれ Windows のコマンドプロンプトでは使えないんだよねぇ。 パイプで go test に渡してもうまくいかない感じ。 そういう場合は glide novendor の実行結果を整形してバッチファイルにするしかないのだろう。 やれやれ。

ブックマーク

Go 言語に関するブックマーク集はこちら


  1. Mac 環境なら brew でインストールできるらしい。 Linux 等の環境であれば make コマンドで各種プラットフォームの実行ファイルをビルドできる。一応 go get でもビルドできるが, revision を制御できないので失敗する可能性もある(これは make コマンドでビルドする場合でも同じだけど)。 [return]
  2. glide create 時の依存パッケージの推測を抑止するには --skip-import オプションを付ける。のだが,効いてないな。 [return]
  3. 今回であれば repository の v0.1.0 タグに対応する revision を選択する。バージョンの記述形式は package.json と同じように記述でき,バージョンの解釈は Semantic Versioning に従っている。ちなみに revision ID を直接指定することもできる。 [return]
  4. glide では git のほか svn (Subversion), hg (Mercurial), bzr (Bazaar) が利用可能である。 [return]
  5. vendor フォルダ以下は外部パッケージなので通常はさわることはない。 [return]
  6. 残念ながら,「パッケージの依存状況の視覚化」ツールは vendoring 機能に対応していないため上手く表示できない。なお, glide では glide list および glide tree で依存パッケージを見ることができる。 [return]
  7. glide.travis.ymlMakefile を参照。 [return]