Go 1.12 がリリースされた

no extension

Go 1.12 がリリースされた。 そういえば2月ももう終わりか。

主な変更点としては TLS 1.3 の暫定的なサポート(有効にするには環境変数の設定が必要)とモジュール・モードの挙動の一部が変わったことだろうか。

たとえば環境変数 $GO111MODULEon にしておけば mattn さんの jvgrep をインストールする際にも任意のフォルダで

$ go get github.com/mattn/jvgrep@latest

とすればよい。 ダミーの go.mod ファイルを作る必要はなくなった。 ブラボー!

Go 1.13 からはモジュール・モードが既定になるようで,「GOPATH モードじゃないと困る」とかじゃなければ環境変数 $GO111MODULEon のままにしてしまえばいいんじゃないのかなぁ。

あと地味だが嬉しい変更としては,並行処理下で正規表現パッケージ regexp を使う際に regexp.Regexp.Copy() でクローンを作らなくてもブロッキングが起きないようになった。

Go 言語 はこの 1.12 から 1.13 にかけて大きく変わる予感がする(今のところ後方互換性は確保されるだろうが)。 色々と試していって慣れていくのがいいかもしれない。

ブックマーク

参考図書

photo
プログラミング言語Go (ADDISON-WESLEY PROFESSIONAL COMPUTING SERIES)
Alan A.A. Donovan, Brian W. Kernighan
柴田 芳樹 (翻訳)
丸善出版 2016-06-20
Book 単行本(ソフトカバー)
ASIN: 4621300253, EAN: 9784621300251
評価     

著者のひとりは(あの「バイブル」とも呼ばれる)通称 “K&R” の K のほうである。この本は Go 言語の教科書と言ってもいいだろう。

reviewed by Spiegel on 2018-10-20 (powered by amazon-item v0.2.0)

photo
Go言語による並行処理
Katherine Cox-Buday
山口 能迪 (翻訳)
オライリージャパン 2018-10-26
Book 単行本(ソフトカバー)
ASIN: 4873118468, EAN: 9784873118468
評価     

この本を読んで「よっしゃ,明日から立派な goroutine 使いだ!」とはならないと思うけど,有象無象なコピペ・プログラマじゃなく,きちんと Go 言語のプログラミングを勉強したいのであれば,この本は必読書になると思う。

reviewed by Spiegel on 2018-11-03 (powered by amazon-item v0.2.0)