Go 言語用エラーハンドリング・パッケージ errs v0.7.0 をリリースした

no extension

Go 言語用エラーハンドリング・パッケージ errs の v0.7.0 をリリースした。

「後方互換性? なにそれおいしいの?」って感じでド派手に書き換えている。 使い方は以下を参照のこと。

改めて紹介すると, spiegel-im-spiegel/errs は以下の設計コンセプトで作成・公開した Go 言語用エラーハンドリング・パッケージである。

  • Go 1.13 以降の標準パッケージ errors と置き換え可能
  • 任意の error インスタンスをラッピング可能
  • 任意の error インスタンスを原因エラーとして埋め込み可能
  • 任意のコンテキスト情報を埋め込み可能
    • 既定でエラーが発生した関数名をコンテキスト情報として保持する
  • 構造化されたエラー情報を JSON 形式で出力可能
    • MarshalJSON() メソッド完備
    • 書式 %+v を使って JSON 形式で出力
    • 任意の error インスタンスで可能な限り構造を辿って出力

v0.7.0 で個人的に欲しい機能は全て搭載したので, Go 1.15 の正式リリースを待って,問題がなければこのまま v1.0 に格上げする予定である。

ブックマーク

参考図書

photo
プログラミング言語Go
アラン・ドノバン (著), ブライアン・カーニハン (著), 柴田芳樹 (著)
丸善出版 2016-06-20 (Release 2021-05-21)
Kindle版
B094PRR7PZ (ASIN)
評価     

Kindle 版出た! 一部内容が古びてしまったが,この本は Go 言語の教科書と言ってもいいだろう。感想はこちら

reviewed by Spiegel on 2021-05-22 (powered by PA-APIv5)