Go 1.15.1 のリリース【セキュリティ・アップデート】

no extension

先週の予告通り, Go 1.15.1 がリリースされた。

以下の脆弱性の改修を含んでいる。

CVE-2020-24553

When a Handler does not explicitly set the Content-Type header, the net/http/cgi and net/http/fcgi packages would default to “text/html”, which could cause a Cross-Site Scripting vulnerability if an attacker can control any part of the contents of a response.
via [security] Go 1.15.1 and Go 1.14.8 are released
  • CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:L/I:L/A:N
  • 深刻度: 警告 (6.1)
基本評価基準 評価値
攻撃元区分 ネットワーク
攻撃条件の複雑さ
必要な特権レベル 不要
ユーザ関与レベル
スコープ 変更あり
機密性への影響
完全性への影響
可用性への影響 なし

例によって

Ubuntu の APT で管理している Go コンパイラは古いので,ダウンロードページからバイナリ(go1.15.1.linux-amd64.tar.gz)を取ってきて手動でインストールすることを強く推奨する(もしくは自力でコンパイルするか)。

https://golang.org/dl/go1.15.1.linux-amd64.tar.gz

$ cd /usr/local/src
$ sudo curl -L "https://golang.org/dl/go1.15.1.linux-amd64.tar.gz" -O
$ cd ..
$ sudo unlink go # 以前の Go が入っている場合
$ sudo tar xvf src/go1.15.1.linux-amd64.tar.gz
$ sudo mv go go1.15.1
$ sudo ln -s go1.15.1 go
$ go version # /usr/local/go/bin にパスが通っている場合
go version go1.15.1 linux/amd64

アップデートは計画的に。

参考図書

photo
プログラミング言語Go (ADDISON-WESLEY PROFESSIONAL COMPUTING SERIES)
Alan A.A. Donovan (著), Brian W. Kernighan (著), 柴田 芳樹 (翻訳)
丸善出版 2016-06-20
単行本(ソフトカバー)
4621300253 (ASIN), 9784621300251 (EAN), 4621300253 (ISBN), 9784621300251 (ISBN)
評価     

著者のひとりは(あの「バイブル」とも呼ばれる)通称 “K&R” の K のほうである。この本は Go 言語の教科書と言ってもいいだろう。

reviewed by Spiegel on 2016-07-13 (powered by PA-APIv5)