Go 1.16.6 のリリース【セキュリティ・アップデート】

no extension

予告通り Go 1.16.6 がリリースされた。

今回は1件の脆弱性修正を含んでいる。

go1.16.6 (released 2021-07-12) includes a security fix to the crypto/tls package, as well as bug fixes to the compiler, and the net and net/http packages. See the Go 1.16.6 milestone on our issue tracker for details.

CVE-2021-34558

crypto/tls clients can panic when provided a certificate of the wrong type for the negotiated parameters. net/http clients performing HTTPS requests are also affected. The panic can be triggered by an attacker in a privileged network position without access to the server certificate’s private key, as long as a trusted ECDSA or Ed25519 certificate for the server exists (or can be issued), or the client is configured with Config.InsecureSkipVerify. Clients that disable all TLS_RSA cipher suites (that is, TLS 1.0–1.2 cipher suites without ECDHE), as well as TLS 1.3-only clients, are unaffected.

今回は HTTPS クライアントに影響するため Web API クライアントを構成しているツール等はご注意を。

(以下未稿)

例によって…

Ubuntu の APT で管理している Go コンパイラは古いので,ダウンロードページからバイナリ(go1.16.6.linux-amd64.tar.gz)を取ってきて手動でインストールすることを強く推奨する。 以下は手動での作業例。

$ cd /usr/local/src
$ sudo curl -L "https://golang.org/dl/go1.16.6.linux-amd64.tar.gz" -O
$ cd ..
$ sudo unlink go # 以前の Go が入っている場合
$ sudo tar xvf src/go1.16.6.linux-amd64.tar.gz
$ sudo mv go go1.16.6
$ sudo ln -s go1.16.6 go
$ go version # /usr/local/go/bin にパスが通っている場合
go version go1.16.6 linux/amd64

アップデートは計画的に。

参考図書

photo
プログラミング言語Go
アラン・ドノバン (著), ブライアン・カーニハン (著), 柴田芳樹 (著)
丸善出版 2016-06-20 (Release 2021-05-21)
Kindle版
B094PRR7PZ (ASIN)
評価     

Kindle 版出た! 一部内容が古びてしまったが,この本は Go 言語の教科書と言ってもいいだろう。感想はこちら

reviewed by Spiegel on 2021-05-22 (powered by PA-APIv5)