Go 1.19.1 のリリース【セキュリティ・アップデート】

no extension

予告通り Go 1.19.1 がリリースされた。

今回は2件の脆弱性修正を含んでいる。

go1.19.1 (released 2022-09-06) includes security fixes to the net/http and net/url packages, as well as bug fixes to the compiler, the go command, the pprof command, the linker, the runtime, and the crypto/tls and crypto/x509 packages. See the Go 1.19.1 milestone on our issue tracker for details.

CVE-2022-27664 net/http: handle server errors after sending GOAWAY

A closing HTTP/2 server connection could hang forever waiting for a clean shutdown that was preempted by a subsequent fatal error. This failure mode could be exploited to cause a denial of service.

(以下未稿)

CVE-2022-32190 net/url: JoinPath does not strip relative path components in all circumstances

JoinPath and URL.JoinPath would not remove ../ path components appended to a relative path. For example, JoinPath("https://go.dev", "../go") returned the URL https://go.dev/../go, despite the JoinPath documentation stating that ../ path elements are cleaned from the result.

えっ,これヤバくね?

(以下未稿)

例によって…

Ubuntu の APT で管理している Go コンパイラは古いので,ダウンロードページからバイナリ(go1.19.1.linux-amd64.tar.gz)を取ってきてインストールすることを強く推奨する。 以下は完全手動での作業例。

$ cd /usr/local/src
$ sudo curl -L "https://go.dev/dl/go1.19.1.linux-amd64.tar.gz" -O
$ cd ..
$ sudo unlink go # 以前の Go が入っている場合
$ sudo tar xvf src/go1.19.1.linux-amd64.tar.gz
$ sudo mv go go1.19.1
$ sudo ln -s go1.19.1 go
$ go version # /usr/local/go/bin にパスが通っている場合
go version go1.19.1 linux/amd64

Windows は Scoop 経由で OK

アップデートは計画的に。

参考図書

photo
プログラミング言語Go
アラン・ドノバン (著), ブライアン・カーニハン (著), 柴田芳樹 (著)
丸善出版 2016-06-20 (Release 2021-07-13)
Kindle版
B099928SJD (ASIN)
評価     

Kindle 版出た! 一部内容が古びてしまったが,この本は Go 言語の教科書と言ってもいいだろう。感想はこちら

reviewed by Spiegel on 2021-05-22 (powered by PA-APIv5)