日本版「グレート・ファイアウォール」に関するブックマーク集

no extension

2018-04-17 頃に閉鎖したとみられる「漫画村」を NTT グループがブロッキングするという茶番を見るに至り,日本という国も本格的にインターネットに敵対することが明白となった。

とはいえ個人にできることは少ない。 そこで情報収集しつつ個人でどこまで武装できるか,これから少しずつ考えていくことにする。 大雑把に以下のような感じかなぁ。

  1. 「自由」な DNS サービスを利用する
  2. Tor や VPN といった仮想ネットワークを用い ISP レベルのフィルタリングやブロッキング,あるいはリージョン・コントロールといったものを迂回する
  3. なるべく ISP を使わないメッシュ・ネットワーク構築の可能性を探る

なお,この記事は随時・加筆修正していく。

あらかじめ言っておくが,私は海賊版サイトを擁護するつもりはひと欠片もない。 ただし,海賊版サイトをゼロにすることは不可能であることも知っている。 これはインセンティブの問題なのだ。 今回の問題に限らずリスク感覚に乏しい日本人が無駄なリソースを消費する場面をこれまで何度も見てきた。 できないことをしようとして見当違いの方法を執る(そしてそれを利権に換える)バカさ加減に多くの人が気づくことを祈っている。

DNS サービス関連

ネットワーク関連

もともと VPN は公衆無線 LAN のセキュリティ不備や WPA2 脆弱性の回避手段として注目されているが, VPN 内部や出入口ポイントの安全性を確認するのが(一般の人には)難しいという欠点がある。 これについては TorrentFreak が時々レビュー記事を載せている。

他にも TorrentFreak では海賊版サイトの記事やサイト・ブロッキングなどについても多くの記事があるので参考になるだろう。 もちろん日本の話も載っている。

個人的には携帯端末では F-Secure 社の FREEDOME を使っている。 他には ProtonVPN も注目しているのだが,まだ評価できていない。

ネットワーク関連ブックマーク

その他ブックマーク

参考図書

photo
CODE VERSION 2.0
ローレンス・レッシグ
山形浩生 (翻訳)
翔泳社 2007-12-19 (Release 2016-03-14)
eBooks Kindle版
ASIN: B01CYDGUV8
評価     

前著『CODE』改訂版。

reviewed by Spiegel on 2018-11-17 (powered by amazon-item v0.2.0)