チャリンコ買うた

no extension

引っ越し以来,片道30分かけて毎日てくてく歩いて通勤しているのだが,そろそろ飽きてきまして(笑) 実は先月(2022-08)の上旬に某自転車屋さんで通勤用のクロスバイクを発注したのだった。

確かに20代前半くらいまではイキってロードバイクとか乗ってましたよ。 でも社会人になったら外で遊ぶことも減って,なにより IT 業界に入ってからは結構な出不精体質になってしまったのよ(仕事以外でお出かけしたくない)。 だから実質30年ぶりくらいなのね,自転車に乗るのって。 私としては大決断でした(お値段的にも)。

で,納車が1ヵ月後と言われ,予定通りに納車準備完了と連絡が来たのが金曜日。 翌日はオンライン読書会だったので諦めて,今日の午前中にお店に行って受け取りました。

チャリンコ買うた | Flickr

ちなみにカタログ・スペックはこんな感じ。

若い頃に欲しかった夢の油圧ディスク・ブレーキっすよ。

脚が短いのでサドルは低めだけど,それでもお尻を乗っけた状態では微妙に脚が地面に届かない(そういう風にチューニングされている)。 乗り降りの感覚を取り戻さないと。 以下はロードバイクの例だがクロスバイクでも基本的に同じらしい(自転車屋の店員さんに教えてもらった)。

納車してもらってそのまま自宅まで乗って帰ったのだが,脚ではなく腕にダメージが来てる。 そういや私,スマホより重たいものは滅多に持たないからなぁ。

一番困惑しているのは「スピードが出る」こと。

いや,徒歩でも自転車でも自動車でも,路上を移動しているときって(無意識にでも)周囲に気を配って先読みをしていくわけじゃない。 あと20秒で交差点とか,Majiですれ違う5秒前とか,死角で誰か辻占してる気配がするとか(ねーよ)。

長年の徒歩感覚に慣れすぎてしまったせいか,自転車に乗ってると先読みの感覚が狂うのよ。 これで思い出したのだが,自転車に乗らなくなった当時ってスピード感覚が変わってしまって「歩いても歩いても前に進まない」ように感じたんだよな。 あの時の逆パターンかと妙に納得してしまった。

というわけで,しばらく松江の田舎道をおっかなびっくり走り回る五十路のおぢさんを見かけるかもしれないけど,生暖かい目で見守って頂けると幸いです(笑)

ブックマーク