PPA から Git をインストールする

no extension

前回OpenSSHGnuPG を連携させたのでようやく git で遊べるようになった。

しかし,実際にコマンドを叩いてみたら

$ git version

Command 'git' not found, but can be installed with:

sudo apt install git

またかよ。 嫌な予感しかしない。

$ sudo apt show git
Package: git
Version: 1:2.19.1-1ubuntu1.1
Priority: optional
Section: vcs
Origin: Ubuntu
...

やっぱり。 2.21.0 が出たのってだいぶ前だよな。

いろいろ調べてみたら git に関しては PPA (Personal Package Archive) で最新版のビルドを提供されている方がいるらしい。 ありがたや。

何故か add-apt-repository は既に入ってるぽかったので,まずはリポジトリを導入しよう。

$ sudo add-apt-repository ppa:git-core/ppa
 The most current stable version of Git for Ubuntu.

For release candidates, go to https://launchpad.net/~git-core/+archive/candidate .
 詳しい情報: https://launchpad.net/~git-core/+archive/ubuntu/ppa
[ENTER] を押すと続行します。Ctrl-c で追加をキャンセルできます。

ヒット:1 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu cosmic InRelease
取得:2 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu cosmic-updates InRelease [88.7 kB]
ヒット:3 http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu cosmic InRelease
取得:4 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu cosmic-backports InRelease [74.6 kB]
ヒット:5 http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-non-free cosmic InRelease
取得:6 http://security.ubuntu.com/ubuntu cosmic-security InRelease [88.7 kB]
取得:7 http://ppa.launchpad.net/git-core/ppa/ubuntu cosmic InRelease [20.7 kB]
取得:8 http://ppa.launchpad.net/git-core/ppa/ubuntu cosmic/main i386 Packages [3,032 B]
取得:9 http://ppa.launchpad.net/git-core/ppa/ubuntu cosmic/main amd64 Packages [3,032 B]
取得:10 http://ppa.launchpad.net/git-core/ppa/ubuntu cosmic/main Translation-en [2,248 B]
281 kB を 3秒 で取得しました (81.9 kB/s)
パッケージリストを読み込んでいます... 完了

$ sudo apt update
ヒット:1 http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu cosmic InRelease
ヒット:2 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu cosmic InRelease
ヒット:3 http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-non-free cosmic InRelease
取得:4 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu cosmic-updates InRelease [88.7 kB]
取得:5 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu cosmic-backports InRelease [74.6 kB]
取得:6 http://security.ubuntu.com/ubuntu cosmic-security InRelease [88.7 kB]
ヒット:7 http://ppa.launchpad.net/git-core/ppa/ubuntu cosmic InRelease
252 kB を 2秒 で取得しました (155 kB/s)
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
パッケージはすべて最新です。

$ sudo apt upgrade
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
アップグレードパッケージを検出しています... 完了
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 0 個。

$ sudo apt show git
Package: git
Version: 1:2.21.0-0ppa1~ubuntu18.10.1
Priority: optional
Section: vcs

よし。 最新版が入ってるな。 インストールっと。

$ sudo apt install git

これでインストール完了。 動作確認してみる。

$ git version
git version 2.21.0

よしよし。 おっと,初期設定しないと。

$ git config --global user.name "Alice"
$ git config --global user.email "alice@example.com"
$ git config --global user.signingkey 697CDD8A
$ git config --global commit.gpgsign true

SSH 経由で git clone する

まずは適当なリポジトリを SSH 経由で git clone してみる。

$ git clone git@github.com:spiegel-im-spiegel/gocli.git github.com/spiegel-im-spiegel/gocli
Cloning into 'github.com/spiegel-im-spiegel/gocli'...
The authenticity of host 'github.com (192.30.255.112)' can't be established.
RSA key fingerprint is SHA256:xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added 'github.com,192.30.255.112' (RSA) to the list of known hosts.
remote: Enumerating objects: 71, done.
remote: Counting objects: 100% (71/71), done.
remote: Compressing objects: 100% (52/52), done.
remote: Total 246 (delta 31), reused 53 (delta 16), pack-reused 175
Receiving objects: 100% (246/246), 53.99 KiB | 431.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (107/107), done.

前回OpenSSHGnuPG を連携させたので認証時に Pinentry が起動する。

よーし,うむうむ,よーし。

git-credential による認証管理

SSH 経由でリポジトリにアクセスする場合はこれでいいのだが HTTPS 経由でアクセスする場合はアクセスするたびに毎回パスワードを訊かれるため鬱陶しい。 この場合は git-credential による認証管理を行うのがいいようだ。

Ubuntu では gnome-keyring を使った認証管理が使える。

これによると

There is a git package that includes all of contrib sources in /usr/share/doc/git/contrib/. Users who want to use git-credential-gnomekeyring should copy source from /usr/share/doc/git/contrib/credential/gnome-keyring to their working directory, then users can make and install it.
via shugo/git-credential-gnomekeyring

ということらしい。 さっそくやってみよう。

$ cp -r /usr/share/doc/git/contrib/credential/gnome-keyring ~/work
$ cd ~/work/gnome-keyring
$ make
gcc -c -g -O2 -Wall -o git-credential-gnome-keyring.o git-credential-gnome-keyring.c
git-credential-gnome-keyring.c:28:10: fatal error: glib.h: そのようなファイルやディレクトリはありません

まじすか。 まぁ,入れればいいか。

$ sudo apt install libglib2.0-dev

では再開。

$ make
gcc -c -g -O2 -Wall -I/usr/include/glib-2.0 -I/usr/lib/x86_64-linux-gnu/glib-2.0/include -o git-credential-gnome-keyring.o git-credential-gnome-keyring.c
git-credential-gnome-keyring.c:29:10: fatal error: gnome-keyring.h: そのようなファイルやディレクトリはありません

ええい。 これも入れればいいのね。

$ sudo apt install libgnome-keyring-dev
$ make
gcc -g -O2 -Wall  -I/usr/include/gnome-keyring-1 -I/usr/include/glib-2.0 -I/usr/lib/x86_64-linux-gnu/glib-2.0/include -o git-credential-gnome-keyring.o -c git-credential-gnome-keyring.c

ワーニングいっぱい出たけどようやく通ったよ。 これで作成された git-credential-gnome-keyring をパスの通ったディレクトリに入れれば完了。 git 側が認識しているか確認してみよう。

$ git help -a | grep credential-
   credential-cache     Helper to temporarily store passwords in memory
   credential-store     Helper to store credentials on disk
   credential-gnome-keyring

よしよし。 認識しているな。

これで git 設定に以下を加えれば完了となる。

$ git config --global credential.helper gnome-keyring

適当なリポジトリで確かめてみよう。

$ git clone https://github.com/spiegel-im-spiegel/private-repos.git aaa
Cloning into 'aaa'...
Username for 'https://github.com': alice@example.com
Password for 'https://alice@example.com@github.com': 
remote: Enumerating objects: 51, done.
remote: Counting objects: 100% (51/51), done.
remote: Compressing objects: 100% (41/41), done.
remote: Total 51 (delta 8), reused 47 (delta 8), pack-reused 0
Unpacking objects: 100% (51/51), done.

$ git clone https://github.com/spiegel-im-spiegel/private-repos.git bbb
Cloning into 'bbb'...
remote: Enumerating objects: 51, done.
remote: Counting objects: 100% (51/51), done.
remote: Compressing objects: 100% (41/41), done.
remote: Total 51 (delta 8), reused 47 (delta 8), pack-reused 0
Unpacking objects: 100% (51/51), done.

よし。 2回目からは訊いてこないな。

ちなみにこのときのパスワードは Web ページにサインインするときのパスワードじゃなくて,設定画面で振り出した personal access token を使うのでご注意を(つか,私がすっかり忘れててハマったのだがw)。

【追記】 Libsecret を使う

gnome-keyring の代わりに libsecret を使う方法もあるようだ。

既定では入ってないっぽいのでインストールする。

$ sudo apt install libsecret-1-dev

以降は nome-keyring のときと同じ

$ cp -r /usr/share/doc/git/contrib/credential/libsecret ~/work
$ cd ~/work/libsecret
$ make
gcc -g -O2 -Wall  -pthread -I/usr/include/libsecret-1 -I/usr/include/libmount -I/usr/include/blkid -I/usr/include/uuid -I/usr/include/glib-2.0 -I/usr/lib/x86_64-linux-gnu/glib-2.0/include -o git-credential-libsecret.o -c git-credential-libsecret.c
gcc -o git-credential-libsecret  git-credential-libsecret.o -lsecret-1 -lgio-2.0 -lgobject-2.0 -lglib-2.0

おおっ。 ワーニングが出ない。 こっちのほうがいいかな。

ビルドした git-credential-libsecret をパスの通ったディレクトリに入れれば完了。 Git 側が認識しているか確認してみよう。

$ git help -a | grep credential-
   credential-cache     Helper to temporarily store passwords in memory
   credential-store     Helper to store credentials on disk
   credential-libsecret

あとは git の設定に組み込めば終了。

$ git config --global credential.helper libsecret

ブックマーク