「のぼる ほし」

no extension

日本の年金制度は「積立貯金」ではない。 そして「児童世代」「就労世代」「高齢者(リタイア)世代」がバランスよく構成される,詳しく言うと「合計特殊出生率が人口置換水準付近で長期安定している」ことが制度を維持する大前提である。 もちろん今は合計特殊出生率が人口置換水準を大きく下回っている状態で,今から頑張ってもおそらく数十年単位で人口置換水準まで復帰することはないだろう。 つまり年金制度の破綻は(制度設計を全く別のものに入れ替えない限り)確定事項なのだ。

そういう意味で「人生100年時代」は(語られる内容の是非はともかく)めがっさリアルな話であり,それを受け入れられないというのならこの国から逃げるしかない。 できれば就労世代に達する前に。

とまぁ暗い話ばかりしていても仕方ないので,ポジティブ思考に切り替えよう。

この記事の最後の方を引用するのはネタバレちっくで気が引けるが,でもやはり重要な部分なので引用してしまおう。

君もいずれ突入する「人生100年時代」に生涯現役であるということは、つまり100歳まで若くあること、学ぶことをやめない者であることだ。それを働き方にあてはめれば、学びをやめても食べていける100年雇用を得ることより、学びなおしを続けられる100年人材であることのを目指すことなんじゃないかな。
via 転職1年目の僕から、就職1年目の君へ

この記事を読んで思い出したのは,最近読んだ『ヒトラーと哲学者』である。 といっても本編ではなく「訳者あとがき」に書かれていた以下のフレーズだ。

〈本を読んだ〉とは〈本を読むのをやめた〉と同義である
via 『ヒトラーと哲学者』訳者あとがき

「本を読む」を「理解する」とか「学ぶ」とかに置き換えて読むと最初の引用とよく似ていることが分かるだろう。 これに結城浩さんの『数学ガール』に出てくるあの名台詞

僕たちは好きで学んでいる。
先生を待つ必要はない。授業を待つ必要はない。
本を探せばいい。本を読めばいい。
広く、深く、ずっと先まで勉強すればいい
via 数学ガール

を組み合わせれば最強の呪文になる(笑)

しかし私達が持ち合わせている時間は有限で,しかもその多くは「日常生活」に塗り潰されている。

それでもそういう願いだけは持っているんだ
なぜなら
そういう思いまで失くしてしまったら
その子の人生が否定されてしまうと考えるからだ
via 『That's! イズミコ』 4 「のぼる ほし」

だから,周りが変わっても自分が変わっても,学ぶこと理解を進めることをやめてはいけない。

参考図書

photo
ヒトラーと哲学者: 哲学はナチズムとどう関わったか
イヴォンヌ シェラット
三ッ木 道夫 (翻訳), 大久保 友博 (翻訳)
白水社 2015-01-22
Book 単行本
ASIN: 4560084122, EAN: 9784560084120
評価     

ナチス・ドイツ時代の哲学史物語という感じ。哲学(者)がヒトラーおよびナチス・ドイツにどのような影響を与えたか,またヒトラーおよびナチス・ドイツが哲学(者)にどのような影響を与えたかを物語風に編み上げていく。

reviewed by Spiegel on 2019-06-05 (powered by amazon-item 0.2.1)

photo
数学ガール
結城 浩
SBクリエイティブ 2007-06-26 (Release 2014-03-12)
eBooks Kindle版
ASIN: B00EYXMA9I
評価     

ミルカさんとの衝撃の encounter。数学ガールがワルツを踊る。

reviewed by Spiegel on 2018-10-20 (powered by amazon-item v0.2.0)

photo
That's! イズミコ ベスト (Fukkan.com)
大野安之
復刊ドットコム 2013-06-18
Book コミック
ASIN: 4835449517, EAN: 9784835449517
評価     

これには「バイ・ポーラー」は収録されてないんだよなぁ。でも「のぼる ほし」とか「CONFUSION」とか好きな作品も入ってるので無問題。

reviewed by Spiegel on 2014-12-01 (powered by amazon-item 0.2.1)

photo
少年の夢は生きている’89
ダブリューイーエー・ジャパン (Release 1992-04-25)
Music CD
ASIN: B00005HFJQ, EAN: 4988014706469
評価     

お気に入りのアルバムのひとつ。残念ながら引っ越しで処分しちゃったけど。

reviewed by Spiegel on 2019-06-05 (powered by amazon-item 0.2.1)