ぼくがかんがえたさいきょうの Hugo Shortcodes

no extension

今回は Hugo に関する小ネタをいくつかお送りする。

Hugo v0.60 から markdown パーサの既定が yuin/goldmark になった。

yuin/goldmark はきちんと CommonMark に準拠していて,そこには好感が持てるのだが,見方を変えるとあまり融通の効かないパーサであるとも言える。 たとえば russross/blackfriday では設定で target="_blank"rel="nofollow" といった属性値を <a> 要素に付与できたが, yuin/goldmark にはこれに対応するオプションがない。

Markdown Render Hooks

そこで Hugo v0.62 で “Markdown Render Hooks” という仕組みが用意された(yuin/goldmark パーサ使用時のみ有効)。 これは,簡単にいうと画像やリンクの HTML レンダリングを横取りして自前のテンプレートを差し込むものである。

例を挙げて説明しよう。

たとえば以下のような markdown 記述がある。

[Hugo](https://gohugo.io/ "The world’s fastest framework for building websites") はチョー簡単!

これに対して yuin/goldmark パーサを使って HTML レンダリングを行うと以下のようになる。

<a href="https://gohugo.io/" title="The world’s fastest framework for building websites">Hugo</a> はチョー簡単!

この <a> 要素に属性値 target="_blank" を付加することを考える。

まずは Hugo の環境で layouts/_default/_markup ディレクトリを作成し,その中に render-link.html ファイルを置く。 render-link.html ファイルの中身はこんな感じでどうだろう。

<a href="{{ .Destination | safeURL }}" target="_blank"{{ with .Title }} title="{{ . }}"{{ end }}>{{ .Text | safeHTML }}</a>

これで先程の markdown 記述は

<a href="https://gohugo.io/" target="_blank" title="The world’s fastest framework for building websites">Hugo</a> はチョー簡単!

となった。 ちゃんと target="_blank" が付加されているのがお分かりだろうか。

画像も同様にカスタマイズできる。 たとえば layouts/_default/_markup/render-image.html ファイルを用意して

<img src="{{ .Destination | safeURL }}" alt="{{ .PlainText }}"{{ with .PlainText }} title="{{ . }}"{{ end }}>

としておけば

![avatar](/images/avatar.jpg)

という記述に対して

<img src="/images/avatar.jpg" alt="avatar" title="avatar">

title 属性を付加することができる。

なお render-link.html および render-image.html テンプレートファイルは1つのサイトについて(今のところ)ひとつずつしか定義でず,サイト全体に適用されてしまうので注意が必要だ(テンプレートの条件分け等の機能を使うことはできる)。

.RenderString 関数

任意の文字列を markdown テキストとして HTML 形式へレンダリングする関数としては markdownify があったが,新たに Hugo 0.62 で .RenderString 関数が追加された。 これまでの markdownify 関数との違いは以下の通り。

  • .RenderString 関数は Page 変数のメソッドとして実装されている
  • パーサを指定できる(既定値はそのページの形式とパーサ)
  • 入力テキストを強制的にブロック要素として展開することができる

たとえば Org-mode 形式による

{{ "/italic org mode/" | $.Page.RenderString (dict "display" "block" "markup" "org") }}

という記述に対して

<p>
<em>italic org mode</em>
</p>

などと展開される。

上の例のように,パラメータには displaymarkup があり(dict 関数を使って)連想配列にして渡す。

display が取り得る値は以下の通り。

display 値 内容
inline 既定値
block インライン・テキストと推定される場合でも強制的に <p> などのブロック要素として展開する

markup が取り得る値は以下の通り。

markup 値 内容
markdown 既定の markdown パーサ1
goldmark Markdown として yuin/goldmark パーサを使用
blackfriday Markdown として russross/blackfriday パーサを使用
org Org-mode として niklasfasching/go-org パーサを使用
asciidoc AsciiDoc として処理(要 AsciiDoc 環境)
rst reStructuredText として処理(要 RST 環境)
pandoc Pandoc として処理(要 Pandoc 環境)
html 素通し

ぼくがかんがえたさいきょうの Hugo Shortcodes

以上を踏まえて自作 shortcode を整理した。 以下にいくつか紹介しておこう。

ルビを振る

まずは軽くルビを振るところから。

shortcodes/ruby.html:

<ruby><rb>{{ .Inner }}</rb><rp> (</rp><rt>{{ index .Params 0 }}</rt><rp>) </rp></ruby>

入力:

{{< ruby "それはさておき" >}}閑話休題{{< /ruby >}}

出力:

<ruby><rb>閑話休題</rb><rp> (</rp><rt>それはさておき</rt><rp>) </rp></ruby>
閑話休題 (それはさておき)

図を figure 要素で囲む

実は Hugo組み込み shortcodefigure というのがあって図を <figure> 要素で囲んでキャプションを付けれるようになってるんだけど,作りが気に食わないので自作したのだった。

shortcodes/fig-img.html:

<figure style='margin:0 auto;text-align:center;'>
{{ with .Get "link" }}<a href="{{ . }}">{{ end }}<img src="{{ .Get "src" }}" srcset="{{ .Get "src" }}{{ with .Get "width" }}{{ . }}{{ else }}500{{ end }}w" sizes="(min-width:600px) 500px, 80vw"{{ if .Get "title" }} alt="{{ .Get "title" }}"{{ else if .Get "alt" }} alt="{{ .Get "alt" }}"{{ else }} alt=""{{ end }}>{{ with .Get "link" }}</a>{{ end }}{{ if .Get "title" }}
<figcaption>{{ with .Get "link" }}<a href="{{ . }}">{{ end }}{{ .Get "title" }}{{ with .Get "link" }}</a>{{ end }}</figcaption>
{{ end }}</figure>

入力:

{{< fig-img src="https://photo.baldanders.info/flickr/image/8113077_o.png" title="SHIMENAWA" link="https://photo.baldanders.info/flickr/8113077/" width="768" >}}

出力:

<figure style='margin:0 auto;text-align:center;'>
<a href="https://photo.baldanders.info/flickr/8113077/"><img src="https://photo.baldanders.info/flickr/image/8113077_o.png" srcset="https://photo.baldanders.info/flickr/image/8113077_o.png 768w" sizes="(min-width:600px) 500px, 80vw" alt="SHIMENAWA"></a>
<figcaption><a href="https://photo.baldanders.info/flickr/8113077/">SHIMENAWA</a></figcaption>
</figure>
SHIMENAWA
SHIMENAWA

<img> 要素の各属性値はこのブログのレイアウトに合わせてチューニングしているので,そのままでは(多分)使えない。 あしからず。

引用を figure 要素で囲んで引用元を指示する

引用ブロックは <blockquote> 要素で囲めば「意味」は通るし,実際に markdown の引用(>)も <blockquote> 要素内に展開するようになっている。 しかしこれでは「引用元」の指示が曖昧になってしまう。

そこで <blockquote> 要素を更に <figure> 要素で囲んでキャプションを付加することで引用元を指示できるようにした。

shortcodes/fig-quote.html:

{{ with .Get "lang" }}<figure lang="{{ . }}">{{ else }}<figure>{{ end }}
<blockquote>{{ with .Get "type" }}{{ $.Inner | $.Page.RenderString (dict "markup" .) }}{{ else }}{{ .Inner }}{{ end }}</blockquote>{{ if .Get "title"}}
<figcaption>via <q>{{ with .Get "link"}}<a href="{{.}}">{{ end }}{{ .Get "title" }}{{ with .Get "link"}}</a>{{ end }}</q></figcaption>
{{ end }}</figure>

入力:

{{< fig-quote title="The Two Myths of the Internet | WIRED" link="https://www.wired.com/story/the-two-myths-of-the-internet/" lang="en" >}}
<q>Technologies determine nothing.
Technologies influence everything</q>.
{{< /fig-quote >}}

出力:

<figure lang="en">
<blockquote>
<q>Technologies determine nothing.
Technologies influence everything</q>.
</blockquote>
<figcaption>via <q><a href="https://www.wired.com/story/the-two-myths-of-the-internet/">The Two Myths of the Internet | WIRED</a></q></figcaption>
</figure>
Technologies determine nothing. Technologies influence everything.
via The Two Myths of the Internet | WIRED

これで「引用」の最低要件は満たせるかな。

汎用 figure 環境

上記以外に汎用的に <figure> 環境を使うための shortcode。

shortcodes/fig-gen.html:

<figure style='margin:0 auto;text-align:center;'>{{ with .Get "type" }}{{ $.Inner | $.Page.RenderString (dict "markup" .) }}{{ else }}{{ .Inner }}{{ end }}{{ if .Get "title"}}
<figcaption>{{ with .Get "link"}}<a href="{{.}}">{{ end }}{{ .Get "title" }}{{ with .Get "link"}}</a>{{ end }}</figcaption>
{{ end }}</figure>

入出力例は割愛する。

汎用 div 環境

これはもっと素朴に <div> で囲むだけの shortcode。

shortcodes/div-gen.html:

<div{{ with .Get "class" }} class="{{ . }}"{{ end }}{{ with .Get "height" }} style="height:{{ . }};"{{ end }}{{ with .Get "lang" }} lang="{{ . }}"{{ end }}>{{ with .Get "type" }}{{ $.Inner | $.Page.RenderString (dict "markup" .) }}{{ else }}{{ .Inner }}{{ end }}</div>

class を指定できる他, height で高さを指定できる。 ネタバレ防止の行間稼ぎでよく使う手ですな(笑)

これも入出力例は割愛する。

ブックマーク


  1. 既定の markdown パーサは yuin/goldmark だが config.toml 等の設定で変更することができる。 ↩︎