2021年の暦

no extension

今年も国立天文台より翌年の暦要項が公開された。

以降,いくつか抜粋してみる。

祝日・休日1

2021年は振替休日なしか!

祝日休日名 日付
元日 2021-01-01 (金)
成人の日 2021-01-11 (月)
建国記念の日 2021-02-11 (木)
天皇誕生日 2021-02-23 (火)
春分の日 2021-03-20 (土)
昭和の日 2021-04-29 (木)
憲法記念日 2021-05-03 (月)
みどりの日 2021-05-04 (火)
こどもの日 2021-05-05 (水)
海の日 2021-07-19 (月)
山の日 2021-08-11 (水)
敬老の日 2021-09-20 (月)
秋分の日 2021-09-23 (木)
スポーツの日 2021-10-11 (月)
文化の日 2021-11-03 (水)
勤労感謝の日 2021-11-23 (火)

2021年の暦象

2021年は日食が2回,月食が2回ある。

  • 2021-05-26 に皆既月食がある。日本でも見られる
  • 2021-06-10 (時の記念日!)に金環日食がある。日本では見られない
  • 2021-11-19 に部分月食がある。日本でも見られる
  • 2021-12-04 に皆既日食がある。日本では見られない

ちなみに2021年の立春は2月3日だが,立春が2月4日から動くのは 1984年 ぶりで,しかも2月3日になるのは1897年ぶりらしい。 二十四節気は太陽黄経で決まるので割と動くイメージだったのだが,そうでもないようだ。 以前に「秋分の日が動き出す」とか話題になったな。

そういえば…

昨年はこの時期にこの手の記事を書かなかったな。 私生活がそれどころじゃなかったし。 だいぶ余裕が出てきたということか。

2年前に書いた記事に「インフルエンザ過敏症とトリアージ」というのも書いたが,ぜひ今のタイミングで読んでいただきたいものである(笑)

ブックマーク

参考図書

photo
天文年鑑 2020年版
天文年鑑 編集委員会 (編集)
誠文堂新光社 2019-11-20
単行本
4416719485 (ASIN), 9784416719480 (EAN), 4416719485 (ISBN)
評価     

天文ファン必携。2020年版。

reviewed by Spiegel on 2019-11-23 (powered by PA-APIv5)


  1. 「国民の祝日」は休日となる。また「「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする」(「国民の祝日に関する法律」より)。 ↩︎