ブログのネタをカンバン方式で管理する

no extension

ここのブログ記事は,大体は思い付きで書いているのだが,ネタとして溜め込んでいるものもそこそこある。 今まではテキストファイルでフラットに管理していたのだが「そういや GitHub って Projects 機能があるぢゃん♡」と気がついた。

そこで溜め込んでるネタを Projects にいったん吐き出してみることにした。 まずはネタを全部 Issues に書き出すところから。 書き出したらそれを Projects で整理していく。

GitHub の Projects 機能は,いわゆる「カンバン方式」で Issues を管理できる。 こんな感じ。

ブログのネタ帳
ブログのネタ帳

とりあえず Issues に上げたものは全部 “Materials” に寄せておいて,その中で着手予定のものを “Issues” へ。 実際に着手を始めたものを “WIP (Work In Progress)” へ移動し,完了したら案件を Close (自動で “Done” に移動) する。

単純工程なこともあり WIP と Done はひと組しかないが,チームでやるシステム開発じゃないんだからこれで必要十分だろう。

ただし IssuesProjects も期限を管理できないので Milestones を設定する。 ここで言う期限はいわゆる「締切」ではない。 文字通りの一里塚。つまり,あるマイルストーンの期限が来たら終了してない案件を次のマイルストーンに回すか止めるか判断するわけだ。

これで塩漬け案件が無闇に増えるのを防げる(筈)。 まぁ,このまましばらく運用してみよう。

ブックマーク

参考図書

photo
リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営
HenrikKniberg (著), 角谷信太郎 (著), 市谷聡啓 (翻訳), 藤原大 (翻訳)
オーム社 2013-10-25 (Release 2017-07-15)
Kindle版
B01IGW5IIW (ASIN)
評価     

私はこれで勉強しました。もう一回読み直すかな。

reviewed by Spiegel on 2015-02-17 (powered by PA-APIv5)