gpg-agent の設定: GnuPG in Ubuntu

この記事は Zenn で書いた「Ubuntu で OpenSSH の鍵管理を gpg-agent に委譲する」をこのブログの「最新版 GnuPG をビルドする」の続編として再構成したものである。

なお Windows 版 gpg-agent の設定については,古い記事で恐縮だが

が参考になる。

ビルドした gpg-agent をサービスとして登録する

前回ビルドした GnuPG を使って処理を行おうとすると gpg-agent が古い旨の警告が出る。 ps コマンドでチェックすると,どうやらオリジナルの /usr/bin/gpg-agent が稼働しているようだ。

稼働している /usr/bin/gpg-agent を一旦落として gpg-connect-agent コマンドで再起動すれば /usr/local/bin/gpg-agent が起動するのだが,ログインし直すと元に戻ってしまう。

いろいろググってみたのだが, gpg-agent の制御は /usr/lib/systemd/user/gpg-agent.service ファイルでサービスとして行っているようだ。 内容はこんな感じ。

[Unit]
Description=GnuPG cryptographic agent and passphrase cache
Documentation=man:gpg-agent(1)
Requires=gpg-agent.socket

[Service]
ExecStart=/usr/bin/gpg-agent --supervised
ExecReload=/usr/bin/gpgconf --reload gpg-agent

そこで,最後の2行を

ExecStart=/usr/local/bin/gpg-agent --supervised
ExecReload=/usr/local/bin/gpgconf --reload gpg-agent

と変更しサービスを restart したら /usr/local/bin/gpg-agent のほうで稼働してくれるようになった。

$ systemctl --user status gpg-agent
● gpg-agent.service - GnuPG cryptographic agent and passphrase cache
     Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/user/gpg-agent.service; static)
     Active: active (running) since Sat 2021-01-09 09:38:33 JST; 9min ago
TriggeredBy: ● gpg-agent.socket
             ● gpg-agent-ssh.socket
             ● gpg-agent-extra.socket
             ● gpg-agent-browser.socket
       Docs: man:gpg-agent(1)
   Main PID: 18913 (gpg-agent)
     CGroup: /user.slice/user-1000.slice/user@1000.service/gpg-agent.service
             ├─18913 /usr/local/bin/gpg-agent --supervised
             └─19398 scdaemon --multi-server

 Jan 09 09:38:33 mocona6 systemd[1616]: Started GnuPG cryptographic agent and passphrase cache.
 Jan 09 09:38:33 mocona6 gpg-agent[18913]: gpg-agent (GnuPG) 2.2.26 starting in supervised mode.
 Jan 09 09:38:33 mocona6 gpg-agent[18913]: using fd 3 for std socket (/run/user/1000/gnupg/S.gpg-agent)
 Jan 09 09:38:33 mocona6 gpg-agent[18913]: using fd 4 for ssh socket (/run/user/1000/gnupg/S.gpg-agent.ssh)
 Jan 09 09:38:33 mocona6 gpg-agent[18913]: using fd 5 for extra socket (/run/user/1000/gnupg/S.gpg-agent.extra)
 Jan 09 09:38:33 mocona6 gpg-agent[18913]: using fd 6 for browser socket (/run/user/1000/gnupg/S.gpg-agent.browser)
 Jan 09 09:38:33 mocona6 gpg-agent[18913]: listening on: std=3 extra=5 browser=6 ssh=4
...

よーし,うむうむ,よーし。

OpenSSH の鍵管理を gpg-agent に委譲する

上述の話を調べてて初めて知ったのだが,どうも Ubuntu を含む Debian 系のディストリビューションでは OpenSSH の認証鍵を ssh-agent 固定で管理するよう構成されていて, gpg-agent と設定が競合してしまうらしい。 OpenSSH の鍵管理を gpg-agent に委譲するよう構成するには gpg-agent.conf ファイル以外にもいくつか設定が必要なようだ。

Xsession.options の変更

まずは /etc/X11/Xsession.options ファイルの内容を変更する。 元々の内容は以下の通り。

# $Id: Xsession.options 189 2005-06-11 00:04:27Z branden $
#
# configuration options for /etc/X11/Xsession
# See Xsession.options(5) for an explanation of the available options.
allow-failsafe
allow-user-resources
allow-user-xsession
use-ssh-agent
use-session-dbus

この中の use-ssh-agent の記述を no-use-ssh-agent に差し替える。 当然ながら変更には管理者権限が必要なのでご注意を。 バックアップを取りながら作業すること。

autostart/gnome-keyring-ssh.desktop の変更

次に /etc/xdg/autostart/gnome-keyring-ssh.desktop の内容を変更するのだが,このファイルを直接変更するのではなく,いったん ~/.config/autostart/ ディレクトリにコピーしてから,コピーしたファイルに対して変更をかける(autostart ディレクトリがない場合は先に作成する)。

$ cp /etc/xdg/autostart/gnome-keyring-ssh.desktop ~/.config/autostart/

これでユーザ単位で設定を弄ることができる。 といっても最終行に

Hidden=true

を追記するだけだが。

gpg-agent.conf の設定

最後に ~/.gnupg/gpg-agent.conf ファイルに以下の内容を書き込む。

enable-ssh-support
default-cache-ttl-ssh 1800
max-cache-ttl-ssh 7200

gpg-agent.conf ファイルがない場合は作成すること。 下2行のオプションは任意で,以下の意味を持つ。

オプション名 内容
default-cache-ttl-ssh 直前にアクセスしたキャッシュ・エントリの有効期間を秒単位で指定する。 既定値は 1800
max-cache-ttl-ssh キャッシュ・エントリの有効期間の最大値を秒単位で指定する。 アクセスの有無にかかわらずこの期間が過ぎるとキャッシュがクリアされる。 既定値は 7200

有効期間は大きすぎると漏洩リスクが高まるのでほどほどに(笑)

これで設定は完了。念のためログインし直しておこう。

環境変数の確認

ログインし直したら環境変数を確認しておく。

$ env | grep SSH
SSH_AUTH_SOCK=/run/user/1000/gnupg/S.gpg-agent.ssh

てな感じに SSH_AUTH_SOCK 環境変数の値が gpg-agent のソケットになっていれば OK である。 これで ~/.bashrc とかに要らん記述をしなくてもよくなった。 ブラボー!

GnuPG による鍵管理

既存の OpenSSH 認証鍵を GnuPG に登録する

上述の設定が完了していれば,既存の OpenSSH 認証鍵を GnuPG の鍵束に登録するのは ssh-add コマンドで簡単にできる。

$ ssh-add ./id_ecdsa
Enter passphrase for ./id_ecdsa: 
Identity added: ./id_ecdsa (alice@example.com)

この時 ssh-add コマンドによるパスフレーズ入力とは別に GnuPG の Pinentry によるパスフレーズの設定が行われるので注意。 確認を含めて2箇所入力する必要がある。

pinentry

GnuPG の鍵束に登録される認証鍵はこのパスフレーズで保護される。 登録した秘密鍵は ~/.gnupg/private-keys-v1.d/ ディレクトリ)に入る。 また ~/.gnupg/sshcontrol ファイルに

# ECDSA key added on: 2020-06-01 14:05:35
# Fingerprints:  MD5:e4:5b:66:a6:03:9a:a4:0e:f2:1b:a5:04:72:93:f3:f0
#                SHA256:DtXgQm9rz7Dc5M5yWu/CNVo341o1rcfN9UCyYu+SZU4
A5353D587000D820669B0BD55A0B4AD6897458DB 0

という感じに追加した鍵の情報が入る。

ちなみに A5353D587000D820669B0BD55A0B4AD6897458DB は keygrip と呼ばれる値で,鍵の種類に関係なく統一的に表される ID である。 また ~/.gnupg/private-keys-v1.d/ ディレクトリに入っている鍵は A5353D587000D820669B0BD55A0B4AD6897458DB.key のように keygrip に紐付いたファイル名で格納されている。

さらに,末尾の 0 はキャッシュ期間(秒)を指すらしい。 0 より大きければ gpg-agent.conf ファイルの指定より優先されるってことかな。

さらにさらに,行頭に ! マークを付けると鍵の使用を無効化できる。

GnuPG 鍵を OpenSSH 認証鍵として設定する

GnuPG 鍵を OpenSSH 認証鍵として設定することもできる。 ただし専用の認証鍵を作る必要がある。 詳しくは

を参照のこと。 最終的には全部 GnuPG で管理するのがいいんだろうな。

ブックマーク

参考図書

photo
暗号化 プライバシーを救った反乱者たち
スティーブン・レビー (著), 斉藤 隆央 (翻訳)
紀伊國屋書店 2002-02-16
単行本
4314009071 (ASIN), 9784314009072 (EAN), 4314009071 (ISBN)
評価     

20世紀末,暗号技術の世界で何があったのか。知りたかったらこちらを読むべし!

reviewed by Spiegel on 2015-03-09 (powered by PA-APIv5)

photo
暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリス
結城 浩 (著)
SBクリエイティブ 2015-08-25 (Release 2015-09-17)
Kindle版
B015643CPE (ASIN)
評価     

SHA-3 や Bitcoin/Blockchain など新しい知見や技術要素を大幅追加。暗号技術を使うだけならこれ1冊でとりあえず無問題。

reviewed by Spiegel on 2015-09-20 (powered by PA-APIv5)