Ubuntu 20.04 にアップグレードする

no extension

Ubuntu 20.04 がリリースされた。 20.04 は長期サポート版で2025年4月までサポートが有効である。

19.10 または長期サポート版の 18.04 から 20.04 へのアップグレードはリリースノートを参考にするとよい。 基本的には

$ update-manager -c -d

とアップグレード・モードで GUI を起動すれば,あとはよろしくやってくれる。 ただし 20.04 では32bitアーキテクチャをサポートしなくなったので,この場合は 18.04 からアップグレードしてはいけない1

なお,アップグレード時にサードパーティの APT リポジトリ(gitATOM など)が外れるので,必要ならアップグレード時に戻して更新すること。

個別のアプリケーションについて

GnuPG および Libgcrypt

よーやく GnuPG/Libgcrypt のバージョンが上がったよ。

$ gpg --version
gpg (GnuPG) 2.2.19
libgcrypt 1.8.5
Copyright (C) 2019 Free Software Foundation, Inc.
License GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <https://gnu.org/licenses/gpl.html>
This is free software: you are free to change and redistribute it.
There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

Home: /home/username/.gnupg
サポートしているアルゴリズム:
公開鍵: RSA, ELG, DSA, ECDH, ECDSA, EDDSA
暗号方式: IDEA, 3DES, CAST5, BLOWFISH, AES, AES192, AES256,
      TWOFISH, CAMELLIA128, CAMELLIA192, CAMELLIA256
ハッシュ: SHA1, RIPEMD160, SHA256, SHA384, SHA512, SHA224
圧縮: 無圧縮, ZIP, ZLIB, BZIP2

まぁ,現時点での最新版は 2.2.20 だけどね。 ちなみに GnuPG 2.2.17 から SHA-1 電子署名の扱いが変わったのでご注意を。

OpenSSH および OpenSSL

アップグレード直後の OpenSSH および OpenSSL のバージョンは以下のとおりだった。

$ ssh -V
OpenSSH_8.2p1 Ubuntu-4, OpenSSL 1.1.1f  31 Mar 2020

OpenSSH2020-02-14 にリリースされた最新版が入っているようだ。 ただ OpenSSL はこの前セキュリティ・アップデートがあったばかりなんだよねぇ。

まぁ,間に合わなかったんだろうけど。 CVSSv3 のスコアが 7.5 で深刻度が高いので早めの対応をお願いしたい。

保留されているパッケージ

アップグレード後に libc++1 が保留状態で残っていた。 保留状態のパッケージがある場合は

$ sudo apt full-upgrade

で保留分をまとめてアップグレードするか,個別に

$ sudo apt install libc++1

などとすればいいようだ。

GCC が消えとるがな

アップグレードしたら何故か GCC が削除されてた orz

しょうがないので

$ sudo apt install build-essential

したですよ。 Rust のコンパイル・リンクも問題なく動くみたいだし,いっかな2

ちなみに GCC は 9.3 が導入される。

ATOM も削除される

サードパーティ・リポジトリから ATOM をインストールしている場合,アップグレード時に APT のリストからリポジトリが外されるだけだが,今回の 20.04 へのアップグレードでは ATOM 自体がまるっと削除される。

ただし設定やパッケージはそのまま残っているので,リポジトリ設定を戻して apt install し直せばおっけ。

Lollypop

どうやら Lollypop は標準の APT リポジトリに入ったらしい。 いつからだ?

$ apt show lollypop
Package: lollypop
Version: 1.2.35-1
Priority: optional
Section: universe/gnome
Origin: Ubuntu
...

ちうわけで,もう PPA リポジトリを使わなくともよさそうである,多分。

【追記 2020-04-28】 Libsecret のアップデート

Git credential helper である GNOME/libsecret もバージョンが上がっているようだ。

$ apt show libsecret-1-dev
Package: libsecret-1-dev
Version: 0.20.2-1
Priority: optional
Section: libdevel
Source: libsecret
Origin: Ubuntu
...

GNOME/libsecret は apt upgrade しただけではダメで,手動でビルドする必要がある。

$ mkdor ~/work
$ cd ~/work
$ cp -r /usr/share/doc/git/contrib/credential/libsecret .
$ cd libsecret
$ make
gcc -g -O2 -Wall  -pthread -I/usr/include/libsecret-1 -I/usr/include/libmount -I/usr/include/blkid -I/usr/include/glib-2.0 -I/usr/lib/x86_64-linux-gnu/glib-2.0/include -o git-credential-libsecret.o -c git-credential-libsecret.c
gcc -o git-credential-libsecret  git-credential-libsecret.o -lsecret-1 -lgio-2.0 -lgobject-2.0 -lglib-2.0

これで生成した git-credential-libsecret$PATH の通ったディレクトリに放り込んでおけばよい。

【2020-05-15 追記】 日本語 Remix のリリースと Bootable USB メモリの作成

Japanese Team による Ubuntu 20.04 LTS 日本語 Remix がリリースされた。 感謝!

Japanese Team による追加パッケージのリポジトリを導入するには以下の手順を実行する。

$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/focal.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
$ sudo apt update

また ISO イメージ・ファイルも公開されているのでこれを使って bootable USB メモリを作成しておく。 詳しくは以下の拙文を参考にどうぞ。

ブックマーク

参考

photo
シリコンパワー USBメモリ 32GB USB3.1 / USB3.0 亜鉛合金ボディ 防水 防塵 耐衝撃 永久保証 PS4動作確認済 Jewel J80 SP032GBUF3J80V1TJA
シリコンパワー (Release 2017-02-01)
Personal Computers
B01NBU1OS5 (ASIN), 4712702655292 (EAN)
評価     

OS 移行用に購入。ひたすらデザインで決めた(笑) よく考えたら32GBも要らなかった。まぁ,何か使い道があるだろう。

reviewed by Spiegel on 2019-04-21 (powered by PA-APIv5)


  1. Ubuntu 18.04 のサポート期間は2023年4月まで。 18.04 サポート満了を以って32bit版 Ubuntu のサポートは終了する。ので,早めに64bitアーキテクチャへのリプレースを検討しませう。 ↩︎

  2. Rust も APT で導入できるようだが,バージョンが古いので,最新版が必要なら APT は使わないほうがよい。 ↩︎