「安全」と引き換えに「安心」を得る

no extension

Facebook の TL を眺めてたら

てな記事が目に入って読もうかと思ったが

専門性のある議論は、感染症の研究者や医師に任せましょう
via 根拠なく「緊急事態宣言は要らんかったんや」と言い出す知識人が増えている問題

とかいう副題が目に入ったので,内容を無視して脊髄反射記事を書いてみる。

ちなみに,今回の「緊急事態」の是非についての議論は知らない(政治的無関心中なので)が,「たられば」を言っていいのなら,個人的には3月下旬に宣言すべきだったと思っている。 4月の急速な感染拡大はどう考えても年度跨ぎの「異動」がトリガーになってるでしょ。 そういう意味では GW を「緊急事態」期間に含めたのは妥当だったと考えている。

日本における COVID-2019 発症確認者のレポート
日本における COVID-2019 発症確認者のレポート

今回のように時々刻々と事態や知見が推移していく状況では「専門家」が信用されなくて当然である。 「専門家は正しい」などと言うのは幻想に過ぎない。

だからといって「安全と引き換えに安心を得る」みたいなトレードオフは愚の骨頂だけどね。 私は安全と安心を一緒くたに騙る輩は,専門家だろうが政治家だろうが,信用しないことにしている。

大昔のダイオキシン騒動や BSE 騒動で「専門家」の限界については既知のものと思っていたが,ヒトとは忘れる生き物ということか。 専門家の発言について重要なのは「正しいか否か」ではなく内容の事実性である。

リスク評価には

  1. 科学的評価リスク
  2. 意思決定のためのリスク
  3. リスク不安

の3つがある(中西準子著『環境リスク学』より)。 前者ほど専門性が高く後者ほど個人の認知や感情に近い。 この3つは独立して存在するのではない。 リスクは系(system)全体で最小となるようチューニングされなければならないからだ。 そして,これらのギャップを埋めるための手法が「リスク・コミュニケーション」である。

故に最初に挙げた記事の副題は明確に間違いである。一方的な説得や押し付けは「お下知」と同じだ。 江戸時代かってぇの(笑) これって「安全と引き換えに安心を得る」とは逆方向に思考停止だよね。

テレビ時代のマス・コミュニケーションなら情報の「発信者」と「受信者」は明確に分かれていたが,ネットの時代の「双方向マス・コミュニケーション」は良くも悪くも peer-to-peer である。 しかし,本来コミュニケーションというのは相手との対等な「対話」なのだ。

旧いメディアによる「行為遂行的発話(performative utterance)」に煩わされることなく,メディア間の「情報ハウリング」を上手くフィルタリングして,上手に「事実(fact)」の上澄みを掬いとるのがこれからのメディア・リテラシーのポイントであり,それができて初めて対等な「対話」ができるようになるのだろう。

ブックマーク

参考図書

photo
環境リスク学
中西準子 (著)
日本評論社 (Release 2013-08-01)
Kindle版
B00E7HMI7U (ASIN)
評価     

環境リスクのみならず「リスク」全体に目配せした良書。著者の自伝的作品でもある。

reviewed by Spiegel on 2015-07-26 (powered by PA-APIv5)

photo
リスクとつきあう―危険な時代のコミュニケーション (有斐閣選書)
吉川 肇子 (著)
有斐閣 2000-03-01
単行本
4641280304 (ASIN), 9784641280304 (EAN), 4641280304 (ISBN)
評価     

リスク・コミュニケーションについて。内容は古いがまだまだ使える。

reviewed by Spiegel on 2016-02-03 (powered by PA-APIv5)

photo
FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
ハンス・ロスリング (著), オーラ・ロスリング (著), アンナ・ロスリング・ロンランド (著), 上杉 周作 (翻訳), 関 美和 (翻訳)
日経BP 2019-01-11 (Release 2019-01-01)
Kindle版
B07LG7TG5N (ASIN)

Twitter で見かけて衝動買いした。ちょっとだけ読んで積ん読中。

reviewed by Spiegel on 2019-03-11 (powered by PA-APIv5)