2020年10月の暦

no extension

2020年10月も spiegel-im-spiegel/koyomi パッケージを作って暦を浚ってみる。 なお spiegel-im-spiegel/koyomi パッケージは v0.1.5 をリリースしている。 今回も外部パッケージのバージョンを上げただけだけど。

国立天文台のデータを使っているため,暦象の基準が日本の暦になっている点に注意。

日付 内容
2020-10-02 望(満月)
2020-10-02 水星が東方最大離角
2020-10-06 火星が地球最近
2020-10-08 寒露
2020-10-10 下弦
2020-10-14 火星が衝
2020-10-14 水星が留
2020-10-17 朔(新月)
2020-10-20 土用の入り
2020-10-23 上弦
2020-10-23 霜降
2020-10-26 水星が内合
2020-10-31 望(満月)

そうそう。 どっかの馬鹿な国際スポーツ大会のせいで今年の10月の祝日はなくなりました orz

天象

各用語の意味は以下の通り。

天象 - 国立天文台暦計算室
天象 - 国立天文台暦計算室より

「留」とは「惑星の地心視赤経の時間変化が0、すなわち赤経方向の動きが止まる瞬間」,もっと簡単に言うと天球上の(見かけの)惑星の動きが反転する瞬間を指す。

火星が最接近

既に十分見頃だが火星が 2020-10-06 に最接近となる。 つっても中接近くらいだけど。

中秋の名月とブルームーン

今年は 2020-10-01 が中秋の名月で,翌2日が望(満月)である。 そんで,10月最終日の日付が変わる直前(23:49)に2回目の望となる。 いわゆる「ブルームーン」である。

実は「月内2回目の満月」をブルームーンと呼ぶのは天文雑誌 “Sky & Telescope” による誤解なのだが,けっこう定着しちゃってる感がある(笑) 元々は “Once in a blue moon” といって「ありえないこと」とか「滅多にないこと」を指す慣用句で,世界各地に逸話や伝説があるらしい。

土用の入り

「土用の入り」は雑節のひとつで,元々は「五行説」の考えから来たものである。

四季を「五行説」に当てはめようとするとひとつ足らなくなるので,各季節の終わりの1/5ずつを集めて土の季節つまり「土用」としたそうな。 無理やりですねぇ(笑)

現在の定義では太陽黄経が 27°, 117°, 207°, 297° となる日が「土用の入り」となる。

コード

今回使用したコードは以下の通り。

package main

import (
	"fmt"
	"os"

	"github.com/spiegel-im-spiegel/koyomi"
)

func main() {
	start, _ := koyomi.DateFrom("2020-10-01")
	end, _ := koyomi.DateFrom("2020-10-31")
	k, err := koyomi.NewSource(
		koyomi.WithCalendarID(
			koyomi.Holiday,
			koyomi.MoonPhase,
			koyomi.SolarTerm,
			koyomi.Eclipse,
			koyomi.Planet,
		),
		koyomi.WithStartDate(start),
		koyomi.WithEndDate(end),
	).Get()
	if err != nil {
		fmt.Fprintln(os.Stderr, err)
		return
	}

	fmt.Println("| 日付 | 内容 |")
	fmt.Println("| ---- | ---- |")
	for _, e := range k.Events() {
		fmt.Printf("| %v | %v |\n", e.Date, e.Title)
	}
}

ブックマーク

参考図書

photo
天文年鑑 2020年版
天文年鑑 編集委員会 (編集)
誠文堂新光社 2019-11-20
単行本
4416719485 (ASIN), 9784416719480 (EAN), 4416719485 (ISBN)
評価     

天文ファン必携。2020年版。

reviewed by Spiegel on 2019-11-23 (powered by PA-APIv5)