2023年の暦

no extension

ここのところ忙しくてすっかり忘れていた。 今年も国立天文台より翌年(2023年)の暦要項が公開されたのですよ。

以降,いくつか抜粋してみる。

祝日・休日1

日付 内容
2023-01-01 元日
2023-01-02 休日
2023-01-09 成人の日
2023-02-11 建国記念の日
2023-02-23 天皇誕生日
2023-03-21 春分の日
2023-04-29 昭和の日
2023-05-03 憲法記念日
2023-05-04 みどりの日
2023-05-05 こどもの日
2023-07-17 海の日
2023-08-11 山の日
2023-09-18 敬老の日
2023-09-23 秋分の日
2023-10-09 スポーツの日
2023-11-03 文化の日
2023-11-23 勤労感謝の日

2023-01-01 が日曜日なので翌日は振替休日なのか。 うれしくねー! 一方 2023-05-05 は金曜日なのでそのまま週末休みに繋げられる。

2022年の暦象

2023年は日食2回と月食1回がある。

日付 内容
2023-04-20 金環皆既日食
2023-10-15 金環日食
2023-10-29 部分月食

ただし

  • 4月20日には金環皆既日食があり、日本では一般に、南西諸島、九州地方南部、四国地方南部、近畿地方南部から関東地方南部にかけての地域、伊豆諸島、小笠原諸島で部分食が見られます。
  • 10月15日には金環日食がありますが、日本では見ることができません。
  • 10月29日には部分月食があり、日本では全国で部分食を見ることができます。ただし、小笠原諸島などでは月食の途中で月の入りとなります。

だそうな。

他にはこんな感じ。

日付 内容
2023-02-04 立春
2023-03-21 春分
2023-05-06 立夏
2023-06-21 夏至
2023-08-08 立秋
2023-09-23 秋分
2023-11-08 立冬
2023-12-22 冬至

ちなみに2023年の「伝統的七夕」は8月22日である。

ブックマーク

参考図書

photo
天文年鑑 2022年版
天文年鑑編集委員会 (編集)
誠文堂新光社 2021-11-22
単行本
441662140X (ASIN), 9784416621400 (EAN), 441662140X (ISBN)
評価     

天文ファン必携。2022年版。

reviewed by Spiegel on 2021-11-22 (powered by PA-APIv5)


  1. 「国民の祝日」は休日となる。また「「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする」(「国民の祝日に関する法律」より)。 ↩︎