CC と NFT に関する FAQ を翻訳してみた

no extension

いやぁ,ン年振りに cc-licenses セクションに記事を追加したぜ(笑)

発端は yomoyomo さんの記事。

恥ずかしながら,この記事を読んではじめて Creative Commons が CC と NFT に関する FAQ を公開しているのを知ったですよ。

で,一念発起いたしまして,この FAQ の翻訳を敢行した。 やっちまったんだよ!

なんたる蛮勇(笑)

いやね,この前読んだ本で思ったわけさ。

苦手・不得手は言い訳にならない!

ちなみに翻訳の内容については 全く自信がありません 🙇

いや,ホンマにちょいちょい怪しい部分があるのよ。 もし「わしが見ちゃる!」という奇特な方がおられましたら,添削して頂けると助かります。 フィードバックはこちら(Twitter でも OK)。

(訳文が正しいなら)けっこう読み応えのある FAQ だと思う。 上から順に全文読むことをお勧めします。 「NFT って何?」って方も一度読んでみたらいいと思うよ。

その上で

CC’s mission is not just sharing but better sharing—sharing in a way that promotes a more vibrant commons and generates more support for the creators of freely reusable works.

という部分に軽く感動してしまった。 そうだよな。 これこそが Creative Commons の意義だよね。

とりあえず… もうしばらく英語はいいです。

ブックマーク

参考図書

photo
クリエイティブ・コモンズ―デジタル時代の知的財産権
レッシグ,ローレンス (著), 敬士, 椙山 (著), 圭介, 上村 (著), 紘一郎, 林 (著), 絵美, 若槻 (著), 大洋, 土屋 (著), クリエイティブコモンズジャパン (編集), Lessig,Lawrence (原著)
NTT出版 2005-03-01
単行本
475710152X (ASIN), 9784757101524 (EAN), 475710152X (ISBN)
評価     

残念ながら紙の本は実質的に絶版なんですよねぇ。是非デジタル化を希望します。

reviewed by Spiegel on 2014-08-02 (powered by PA-APIv5)

photo
著作権は文化を発展させるのか: 人権と文化コモンズ
山田 奨治 (著)
人文書院 2021-07-29 (Release 2021-07-29)
Kindle版
B099RTG3J7 (ASIN)

2021年夏に出てたのだが,仕事が忙しくなってすっかり忘れていた。これから読みます。

reviewed by Spiegel on 2021-12-06 (powered by PA-APIv5)

photo
著作権法 第3版
中山 信弘 (著)
有斐閣 2020-09-04
単行本
4641243336 (ASIN), 9784641243330 (EAN), 4641243336 (ISBN)

第3版が出てた。第2版は図書館で借りて読んだが,途中でギブアップした。個人が興味本位で読める本ではないらしい(笑)

reviewed by Spiegel on 2020-10-12 (powered by PA-APIv5)