ビンボー人は TODO をやってはいけない

no extension

タイトルは釣りです,もちろん。

富裕層は経済力でリスクを回避し経済力で「時間」を買う。 ビンボー人はそれ以外の方法でリスクを回避し時間を作り出すしかない。

昨年末の引っ越しを Trollo で管理してみて痛感したが, TODO 管理の目的は「TODO をなくす」ことである。

TODO 管理を行うにあたって最初にやることは TODO を列挙しトリアージしていくことだが,大雑把に以下の3つに分類できるだろう。

  1. 必ずやらなければならないこと
  2. いつかやらなければならないが優先順位の低いこと
  3. やりたいこと

これを縦軸として,横軸に時間(有効期限)を加えたものが TODO 全体の分布になる(縦横の向きはどっちでもいいけど)。

で,この中に「毎日必ずやらなければならないこと」が存在する筈である。 例えば日常の家事など。 そういったものに時間を割り当てていくと「毎日必ずやらなければならないこと」に殆ど「時間」が奪われてしまうか,場合にとっては「時間」が足りないことに気がつくだろう。 いわゆる「日常に忙殺される」ってやつで「やりたいこと」ができる未来など何処にも見えないのである。

これを改善しないまま TODO 管理を続けていくと,それがどんなに優れたワークフローであっても,必ず破綻する。 しかし改善するには「必ずやらなければならないこと」を減らすしかないのだ。

最初に述べたように,富裕層は「毎日必ずやらなければならないこと」を減らすために経済力を使う。 たとえば,家事はヘルパーさんを雇う,仕事上の雑事も秘書を雇う,移動に時間がかかるなら自家用飛行機を買う,といった感じに。

じゃあ経済力が使えないビンボー人はどうするか。 「毎日必ずやらなければならないこと」を複数人で分け合うか,それもできないならオミットするしかない!

ポイントは TODO を遂行するために自身やその時間を売り渡すのではなく TODO のほうを削り落とすことである。 ほんでもって,これこそが「断・捨・離」の本質だと私は思う。 「本棚にあふれる本を捨ててスッキリ」なんてのはただの気分の問題であり,何の解決にもなっていないのだ。

「持たざる人」が唯一所有できるのが自分自身とその時間であるなら,それを搾取する存在(TODO)を近づけてはいけない。

photo
モモ (岩波少年文庫)
ミヒャエル・エンデ, 大島 かおり
岩波書店 2005-06-16 (Release 2017-07-20)
eBooks Kindle版
ASIN: B073PPWX7L
評価     

そういえばこの作品を紹介してくれたのは同じ学科の先輩だった。それからハマってミヒャエル・エンデの作品を買いまくったんだよなぁ。あの頃は若かった。まぁ当時の本は殆ど処分したけど。

reviewed by Spiegel on 2019-05-02 (powered by amazon-item 0.2.1)