情報の「遠吠え」

no extension

今回はいつも以上に「戯れ言」モード。 最近つらつらと考えている(そして TL に断片的に書いている)ことを言語化してみる。

トリガーは以下の retweet.

以前に書いたかもしれないが,このブログの想定読者は「5年後の自分」である。 つまり私にとってブログ(weblog)とは文字通り作業ログの延長線上にあるわけだ。

その上で「満天下に公開しても差し障りのないもの」を書いているつもりである(時々はっちゃけて胡乱なことを書くのはご容赦)。 記事や写真に CC License を付与するのも「自由が云々」というのもあるが「満天下に公開」するための縛りプレイの側面が強い。

閑話休題 (それはさておき)

これはしょっちゅう書いていることだが

人は想像を絶するものは想像できない。

これに対抗できるのは「他者の想像」しかない。 「他者の想像」の誤配によって生まれる sense of wonder こそが「想像力の地平線」を越える鍵となる。 上述の tweet で言う targeted serendipity についても,個人的にはそういう風に解釈している。

一方で,現在の SNS を含む多くのコミュニケーション・サービスが Time-Line 方式のユーザ・インタフェースを実装している。

TL の利点はリアルタイムの情報をすばやく摂取できることにあるが,その反面,過去情報の検索性がすこぶる悪い。 その結果なにが起こるかというと,同じまたは似たような情報が何度も繰り返し TL に登場する。 それも(大抵は)見る側が制御できない形でだ。 ゼロ年代に流行った Tumblr の reblog のようにネタとして回しているうちは「面白い!」で済んでいたのだが…

TL サービスを提供するプロバイダは,こうした情報の連呼を機能として積極的に取り込み,むしろ「トレンド」や「おすすめ」や「広告」といった形で強化している。 もはや TL は時系列ですらなく「ドキッ! 広告だらけのメディア,ポロリもあるよ」と化している(笑)

更に悪いことに,情報の連呼はひとつのメディアに留まらず,複数のメディアを渡り歩き,増幅されて回(かえ)ってくる。 私はこれを「情報ハウリング」と呼んでいる。

SNS を含む多くのコミュニケーション・サービスが「情報ハウリング」を生み出す温床となっているのなら,そうしたサービスから一定の距離を置くのが賢い選択と言えるだろう。 私はメディアに洗脳されたくない。

ところで,「ハウリング(howling)」は元々「遠吠え」という意味だが, howling で軽くググったら以下の記事を見つけた。

この記事によると

These howls can also be identified as a way to warn other packs in the area that they are stepping into territory that has already been claimed by another.
via Wolf Communication
The howl is also a way to get the members of the pack worked up and excited about going hunting. They may howl in unison at this point before they go out there to look around. Think about how a sporting team rallies with the coach and makes a shout out before they take their positions. That is the same way with the howl.
via Wolf Communication

とか書かれていて「これって今 SNS で起こってることと同じなんじゃね?」と思ってしまった。

つまり「情報の遠吠え」がもたらすのはコミュニティの構成員を選別する「包摂と排除」であって,そこでは「想像力の地平線」を乗り越える sense of wonder も,ましてや targeted serendipity も起こる筈がないのだ。

言い換えるなら TL サービスというのは「多文化主義的エポケー」を体現した装置と言えるだろう。 まさにリベラル寄りの IT 系企業が好みそうな実装である(笑)

wolf howling | Laura Pontiggia (cc-by-nc-nd)
via wolf howling | Laura Pontiggia (cc-by-nc-nd)

ブックマーク

参考図書

photo
排除型社会―後期近代における犯罪・雇用・差異
ジョック ヤング (著), Young,Jock (原著), 秀男, 青木 (翻訳), 泰郎, 伊藤 (翻訳), 政彦, 岸 (翻訳), 真保呂, 村澤 (翻訳)
洛北出版 2007-03-01
単行本
4903127044 (ASIN), 9784903127040 (EAN), 4903127044 (ISBN)
評価     

感想はこちら

reviewed by Spiegel on 2015-10-31 (powered by PA-APIv5)

photo
つながりっぱなしの日常を生きる:ソーシャルメディアが若者にもたらしたもの
ダナ・ボイド (著), 野中 モモ (翻訳)
草思社 2014-10-09 (Release 2015-07-21)
Kindle版
B0125TZSZ0 (ASIN)
評価     

読むのに1年半以上かかってしまった。ネット,特に SNS 上で自身のアイデンティティやプライバシーを保つにはどうすればいいか。豊富な事例を交えて考察する。

reviewed by Spiegel on 2016-05-10 (powered by PA-APIv5)

photo
リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください 井上達夫の法哲学入門
井上 達夫 (著)
毎日新聞出版 2015-07-05 (Release 2015-07-17)
Kindle版
B011KRIYVS (ASIN)
評価     

ちゃんとした書評は yomoyomo さんの記事が参考になる。私は途中まで読んで放り投げた。反省はしない(笑)

reviewed by Spiegel on 2016-02-15 (powered by PA-APIv5)