午前3時のケータイ・トーク

no extension

It’s 3 a.m. Do you know what your iPhone is doing?

ワシントン・ポストが面白い記事を掲載しているらしい。

残念なことに私はワシントン・ポストの記事は読めない(お金を払ってない)ので,こちらの記事で代替することにする。

記事の内容はユーザが寝ている深夜にスマホのアプリがプライバシー情報を含む個人データを「報告」しているというものである(それ以外の Apple 礼賛文章は華麗にスルーする)。

On a recent Monday night, a dozen marketing companies, research firms and other personal data guzzlers got reports from my iPhone. At 11:43 p.m., a company called Amplitude learned my phone number, email and exact location. At 3:58 a.m., another called Appboy got a digital fingerprint of my phone. At 6:25 a.m., a tracker called Demdex received a way to identify my phone and sent back a list of other trackers to pair up with.
via It’s the middle of the night. Do you know who your iPhone is talking to?

こうした「報告」を行う iPhone アプリのいくつかは特定されていて

IPhone apps I discovered tracking me by passing information to third parties — just while I was asleep — include Microsoft OneDrive, Intuit’s Mint, Nike, Spotify, The Washington Post and IBM’s the Weather Channel. One app, the crime-alert service Citizen, shared personally identifiable information in violation of its published privacy policy.
via It’s the middle of the night. Do you know who your iPhone is talking to?

と書かれている。 ワシントン・ポストもか(笑) もちろんこれらの例は網羅的ではないだろうが,網羅的に調べるのは骨が折れるだろうな。

そしてこれは iPhone だけの問題ではない,当然ながら。

Yes, trackers are a problem on phones running Google’s Android, too. Google won’t even let Disconnect’s tracker-protection software into its Play Store. (Google’s rules prohibit apps that might interfere with another app displaying ads.)
via It’s the middle of the night. Do you know who your iPhone is talking to?

そういえば先日,ケータイが異常動作を起こしたときに簡単なネットワーク監視ツールを入れて調べてみたのだが,相手先を調べるのも面倒なほどのトラフィックがあり「だめだこりゃ」と思ったものである。 あれを調査するのはシロートでは無理。

私は先日の件を教訓としてケータイを使わないときは積極的に節電モードに切り替えるようにした1。 私のケータイは節電モードにするとデータ通信が一切シャットダウンされるためメールも取れない状態になるが(電話はつながる),どうせ日中や深夜に緊急メールをよこすような人は(今は)いないので無問題。 あとは FREEDOME でトラッキング・コードをブロックすれば多少はマシかな。 マシになるといいなぁ。

Cambridge Analytica was just the beginning

1年ほど前に

確かに Facebook は Campbridge Analytica の件以来さまざまな点で批判の矢面に立っているが Facebook に論点を絞るのは問題の矮小化といえる。 もしメディアが意図的に矮小化を行っているのなら,これこそがフィルターバブルの典型例と言えるだろう。
via 「情報弱者」を再々定義する

と書いたが,今回紹介した記事でも

Part of Jackson’s objection to trackers is that many feed the personal data economy, used to target us for marketing and political messaging. Facebook’s fiascos have made us all more aware of how our data can be passed along, stolen and misused — but Cambridge Analytica was just the beginning.
via It’s the middle of the night. Do you know who your iPhone is talking to?

と書かれており,よーやくメディアもそこに至ったかと感慨深い。 まぁ周回遅れの日本は今だに GAFA 礼賛だそうだが(笑)

ブックマーク

参考図書

photo
超監視社会
ブルース・シュナイアー
池村 千秋 (翻訳)
草思社 2016-12-13 (Release 2017-02-03)
eBooks Kindle版
ASIN: B01MZGVHOA

実は積ん読のまま読んでない。そろそろちゃんと最後まで読まないと。

reviewed by Spiegel on 2019-03-23 (powered by amazon-item 0.2.1)

photo
もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて 続・情報共有の未来
yomoyomo
達人出版会 2017-12-25
評価 

WirelessWire News 連載の書籍化。感想はこちら

reviewed by Spiegel on 2018-12-31


  1. でもたまにケータイを点けたまま値落ちしてることがあるんだよなぁ。 [return]