中古 PC に Ubuntu 環境を導入する

no extension

ついカッとなってやった。 反省はしない。

久しぶりの衝動買いですよ。

玩具が来た! 早速 Ubuntu をぶち込んで遊ぶナリ
玩具が来た! 早速 Ubuntu をぶち込んで遊ぶナリ

一応,理由はあって

  1. システムが壊れても日常生活でダメージにならない余剰パソコンが欲しかった
  2. 技術系のイベントに参加するのにそろそろ Andorid タブレットではキツくなってきた

といったところ。

最初の理由に関しては,最初は来年あたりにラズパイのキットでも買って遊ぼうかとも思っていたのだが,一通り揃ってるキットを買うと数千円はするみたいだし,それなら1万円前後の中古 PC でもいいんじゃないかって感じ。

今回はドスパラで中古の DELL Lititude E5540 を購入した。 送料やら消費税やら全部込み込みで13K円ほど。 OS は入っていない。 もっと安いものもあったが,動作保証しないとか怖いことが書いてあったので止めた。 あーゆーのって部品取りするためのものなのかねぇ。

今回は Ubuntu を導入して ATOM エディタ上で Go 言語コードをコンパイル&テストできるところまでが目標。 メインの PC に Ubuntu 環境が既にあって,そこから設定をコピーする。

Ubuntu のインストール

いざというときのために USB メモリでブータブル・メディアを作成済みなので,これを使って Ubuntu をインストールする。

DELL パソコンの BIOS 画面がなかなか出なくて往生したが,電源投入直後に表示される「DELL」ロゴ画面で F2 キーを連打すればいいらしい。 なんじゃそら(笑)

BIOS 画面で USB からのブートを最優先にし,改めてブータブル・メディアを指してインストールを開始する1日本語 Remix 版を使えばインストーラも日本語だし悩むところはないのだが,ノート PC なので(紛失・盗難のリスクを考慮して)ストレージの暗号化を忘れないこと。

私の場合はセットアップに必要なファイルを NAS に置いているので,インストールが完了したら NAS への接続設定をしておく。 前のときは「CIFS 経由で NAS に接続」していたが,今回は(外に持ち出すことも考慮して)ファイルマネージャ Nautilus 上で動的に接続できるよう構成してみた。

KeePassXC のインストール

パスワード・マネージャ KeePassXC のインストールについては以下を参照のこと。

これでようやく無線 LAN に繋げられる。 有線からの解放。

GnuPG 環境の移行

GnuPG 環境の移行および OpenSSH との連携については以下を参照のこと。

つっても,今回は ~/.gnupg ディレクトリの中身をまるっとコピればいいだけなんだけど。

OpenSSH と連携するなら gpg-agent.conf ファイルで以下のオプションを設定し

# for ssh
enable-ssh-support

環境変数 SSH_AUTH_SOCK の設定も忘れないこと。

export SSH_AUTH_SOCK="$(gpgconf --list-dirs agent-ssh-socket)"

基本ツールのインストール

APT で基本ツールをインストールしておく。

$ sudo apt install net-tools curl kdiff3 graphviz vim

ATOM エディタで使いたいので Inconsolata フォントも入れておく。

Inconsolata.otf ファイルを取ってきて /usr/local/share/fonts ディレクトリに入れてキャッシュを更新する。

$ fc-cache -fv

更新されたかどうかは以下で確認できる。

$ fc-list | grep Inconsolata
/usr/local/share/fonts/Inconsolata.otf: Inconsolata:style=Medium

Git のインストール

Git をインストールする前に ~/.config/git/config ファイルをコピっておく。 既に ~/.gitconfig ファイルがあるなら ~/.config/git/configmv する。

インストールは以下を参照のこと。

Go コンパイラのインストール

APT で管理される Go コンパイラはバージョンが古すぎるので公式サイトのダウンロードページから直接バイナリを取ってきて展開する。

たとえば Go 1.13.4 をインストールしたいなら

$ cd /usr/local/src
$ sudo curl "https://dl.google.com/go/go1.13.4.linux-amd64.tar.gz" -O
$ cd ..
$ sudo unlink go # 以前の Go が入っている場合
$ sudo tar xvf src/go1.13.4.linux-amd64.tar.gz
$ sudo mv go go1.13.4
$ sudo ln -s go1.13.4 go
$ go version # /usr/local/go/bin にパスが通っている場合
go version go1.13.4 linux/amd64

などとする。

これでようやく GnuPG, OpenSSH, Git, Go コンパイラと必要なツールのセットアップが完了した。

ATOM エディタのインストール

ATOM エディタは公式の APT リポジトリが用意されているので,そちらを利用する。

まずはリポジトリの登録。

$ wget -qO - https://packagecloud.io/AtomEditor/atom/gpgkey | sudo apt-key add -
$ sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://packagecloud.io/AtomEditor/atom/any/ any main" > /etc/apt/sources.list.d/atom.list'
$ sudo apt update

これであとは

$ sudo apt install atom

とすれば,インストール完了。

パッケージをまとめてインストールする

ATOM エディタのサード・パーティ・パッケージにあらかじめ star (☆) を付けておくことでまとめてインストールすることができる。

まずはログインから

$ apm login
Welcome to Atom!

Before you can publish packages, you'll need an API token.

Visit your account page on Atom.io https://atom.io/account,
copy the token and paste it below when prompted.

Press [Enter] to open your account page on Atom.io.

ここで [Enter] キーを押すと Web ブラウザでアカウントページが開く。 開かない場合は Web ブラウザで直接 https://atom.io/account を開く。 アカウントページに表示されたアクセス・トークンを入力すればログイン完了。

Token> ****************
Saving token to Keychain done

Star を付けたパッケージは以下のコマンドで見れる。

$ apm stars

Star を付けたパッケージをまとめてインストールするなら

$ apm stars --install

でOK。

設定ファイルの移行

~/.atom ディレクトリ直下にある以下のファイルをコピれば簡単に設定を移行できる。

  • config.cson
  • init.coffee
  • keymap.cson
  • styles.less
  • snipets.cson

これで完了!

その他お好みで

ブックマーク

photo
シリコンパワー USBメモリ 32GB USB3.1 / USB3.0 亜鉛合金ボディ 防水 防塵 耐衝撃 永久保証 PS4動作確認済 Jewel J80 SP032GBUF3J80V1TJA
シリコンパワー (Release 2017-02-01)
Personal Computers
B01NBU1OS5 (ASIN), 4712702655292 (EAN)
評価     

OS 移行用に購入。ひたすらデザインで決めた(笑) よく考えたら32GBも要らなかった。まぁ,何か使い道があるだろう。

reviewed by Spiegel on 2019-04-21 (powered by PA-APIv5)


  1. BIOS 設定はあとで戻しておくこと。ついでに BIOS をパスワードロックしておかないと。